« あげてうつ | トップページ | みごいい »

2014年7月29日 (火)

ひいちんち

未収録語シリーズ 二百四十三。ひいちんち。
『よあけから  ひいちんち つりよったっちゃが なーもつれんで さけんさかなにも ならんと』「夜明けから丸一日釣っていたんだけど、なにも釣れずに酒の肴にもならないよ」

【ひいちんち】丸一日。一日中の意味。「日一日」と書いて「ひひとひ」と読む言葉があるとです。大辞林には朝から晩まで。一日じゅう。終日とあり、まずはこの言葉が語源やろうと思うとります。
ただ面白いことに同じ「日一日」と書いても、読みが違うと微妙に意味が違ってくるとのごたります。並べて比較してみます。
【日一日(ひひとひ)】朝から夕まで。終日。一日中のこと。
【日一日(ひいちんち)】日がたつにつれて変わっていくさまにいう語。一日ごとに。日増しに・・・の意味。
また、博多んもんによっては「ひのいちんち」と「の」をかたす人もおんしゃります。

写真は今津の長浜海岸。毘沙門山からの朝日がきれいかったです。景色はよかばってんが釣果がね・・・という「ひいちんち」でした。ははは。

Imazu05

|

« あげてうつ | トップページ | みごいい »

コメント

jindayuuさん
「消滅寸前博多弁事典」に『ひして てぐすば たらしとったが はぜが ちょこっと つれただけ』と書いています。
「新修志摩町史」には『昔の百姓な ひしてぇ 四へん 飯食べよったもんなあ』と収録されてはいます。これ以外に、おっしゃるような「ひしてじゅう」という、方言と共通語が混じったような表現があるのですね。新しい関連語を教えていただきました。いつもいつもありがとうございます。

投稿: MISTAKER | 2014年9月 2日 (火) 06時48分

こちらでは、ひしてーじゅうと言います。ひしてーとは一日のことですが、若い人は使いませんね。

投稿: jindayuu | 2014年9月 1日 (月) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/60061342

この記事へのトラックバック一覧です: ひいちんち:

« あげてうつ | トップページ | みごいい »