« にわりもん | トップページ | じのじの »

2014年4月 8日 (火)

せせら

未収録語シリーズ 二百三十二。せせら。
『せいじかやら ほんなごと かねにしろなんにしろ ひんもせせらもなかことばっかし するなー』「政治家なんてのはお金にしろ何にしろ品性のかけらもないようなことばかりするんだね」

あるどこかの市長さんの発言を知って、単純明解博多弁事典に入れといた方言をひとつ再掲しよります。試しにいちど「せせら=かけら、きれっぱし」といった用語説明や語源由来がみつかるかどうか、辞書で(ネットでもよかですよ)調べてみんしゃれんですか。結論を先に言うとたぶん見つからんっちゃなかでしょうか。ではコウカってその語源とその意味をば能書きへっぱく垂れ。

【せせら】かけら、きれっぱし。細々(こまごま)したもの。
語源は「ささら(細と書く)」。この「ささら」の訛りやないかと推測しとります。ちなみに君が代にでてくる「さざれいし」というとは、「ささらいし(細石)」のことです(広辞苑)。
あとひとつ、考えられるとは「せせる」(小刻みな動作をせわしなく繰り返す:大辞林)からの変化。まぁこんなところでしょうか。

Sazareisi01

写真は糸島市三雲の細石(さざれいし)神社。

|

« にわりもん | トップページ | じのじの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/59433029

この記事へのトラックバック一覧です: せせら:

« にわりもん | トップページ | じのじの »