« しとくち | トップページ | しいつく »

2013年12月24日 (火)

ぬく

未収録語シリーズ 二百十七。ぬく。
『ぬけ ぬかんか そげん おおきか ずーてーで ぼさーと みちの まんなかい つったっとくな』「どけ、退かないか。そんなに大きな図体でぼんやりと道の真ん中に突っ立っているな」

いまさらの感じがせんこともない普段使いの博多弁ですばって、未収録でした。

【ぬく】退(ど)く。避(よ)けること。その命令形で「ぬけ」。
共通語の「どけ・どかんか」よりも「ぬけ・ぬかんか」の方が柔らかい表現のごともありますが、意味的に違いはなく荒っぽさも変わらんですね。
似た表現に「のく」がありますばってん、「ぬく」は「のく」からの訛りですかね。

Oshigotocyu

「お仕事中だから、ちょいとぬいてね」

|

« しとくち | トップページ | しいつく »

コメント

hanazonoさん、いよいよ押し迫ってきましたですね。
自分も来年は60代後半に入ります。気分はまだまだ若いですが、その気分を実際の年齢が「抜かして」いきます。おっと、この「抜く」は「ぬく」違いですね。ははは。
どうぞ良い歳をお迎えください。

投稿: MISTAKER | 2013年12月29日 (日) 00時27分

「ぬく」、「のく」どっちば使いよったか
よう覚えとらんとですが、使う事はどっちかを使いよりました。

投稿: hanazono | 2013年12月28日 (土) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/58811713

この記事へのトラックバック一覧です: ぬく:

« しとくち | トップページ | しいつく »