« どっちゃん | トップページ | ぬく »

2013年12月16日 (月)

しとくち

未収録語シリーズ 二百十六。しとくち。
『そげな あんもちの さんよんこな しとくちたい しときれ のこさず くうちゃるばい』「そんな餡餅の三、四個は一口だよ。一切れ残さず食べてやるよ」

【しとくち・しときれ】ひとくち、ひときれの訛り。質屋・七輪をひちや・ひちりんと言う逆の発音、逆の方言ていうてよかとでしょうね。

Anmochi

写真右は人生六十有余年(ぎょうらしかね)でいちばん「おいしか」と思うた京都の「出町ふたば」の豆大福。博多の饅頭団子やなかとが残念ですたいね。

Hichiya

博多区上呉服町のひちやさん。

|

« どっちゃん | トップページ | ぬく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/58765866

この記事へのトラックバック一覧です: しとくち:

« どっちゃん | トップページ | ぬく »