« どこいきですと | トップページ | すぼりにし »

2013年9月30日 (月)

ムキ

博多の食いもんシリーズその四十。ムキ。
『かわはぎんこつば はかたでん むきていうちゃ しらんやったばい』「カワハギのことを博多でもムキと言うなんて知らなかったよ」

これはまさに実話ですたいね。「魚のことならなんでも聞いちゃんない。生まれも育ちも漁師町やし、釣り歴も50年ばい」と威張っとったとですが、このカワハギの件はまったもってムキならぬ無知やったです。

糸島弁には「ムキ=皮剥」「メンボ=ウマヅラハギ=面剥」というとがあり、福岡市魚市場の魚名方言サイトにもあるとですが、方言的資料や文献がなかことをよかことに「博多じゃムキやら言わんめえ」と断定しとりました。

ところが、たまたま斜め読みしよった「能古島の方言:石橋淙平:福岡市立能古小学校」に、「こーむき(皮剥き)=カワハギ(魚)」という項目を見つけてしまいました。こうなると「ムキ」も博多弁として認定せんといかんですね。反省。

剥く前の「ムキ」を大漁。

2009nishihama01

2009年夏平戸での釣果。キス釣りのつもりがムキ釣りになってしもーたとでした。

|

« どこいきですと | トップページ | すぼりにし »

コメント

で、関係なかちゃ、なかとですが一言。リンク先の福岡市魚市場の「ヒイラギ(トンバ)」の写真が違っとる気がするとですよね。トンマはこげん長ひょろい魚やなかとですがね。どうやろか。

投稿: MISTAKER | 2013年9月30日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/58295308

この記事へのトラックバック一覧です: ムキ:

« どこいきですと | トップページ | すぼりにし »