« ならくさ | トップページ | にゃーごつ »

2013年9月 2日 (月)

黄色の語源

『せいきょうの たまごのきなみな おんなし きなでも うんと きないね いろの こゆーて まっきなしとる』「生協の卵の黄身(きみ)は同じ黄(色)でもずっと黄色いね。色が濃いくて真っ黄色だよ」

『きんのう まひわていう きんなかとりば みたとやが これも やっぱし ふゆげから きんのうなるとやろかね』「昨日、マヒワという黄色い鳥を見たんだけど、この鳥もやはり冬毛から黄色くなるんだろうか」

・・・といったように、「きな=黄色」については、けっこう以前からいろいろと書いとるとですが、この黄色の語源で「なるほど」と思えるもんを見つけたけんご紹介しときます。

1:黄は木の色より云「筑後方言辞典:松田康夫:久留米郷土研究会」
2:黄金(こがね・くがね)のコ・クが黄色の黄「暮らしのことば新語源辞典:山口佳紀編:講談社」

「黄は木の色」というとが、なんともすんなり受け入れられた感じがしましたです。では本日の関連画像はこちら。きなこ(黄な粉)が共通語で黄な色が方言やら、これは納得いかんですね・・・なーんていうわけできなこ餅を二枚。

Yomogi_kinakomochi

Ikinaridango

|

« ならくさ | トップページ | にゃーごつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/58114278

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色の語源:

« ならくさ | トップページ | にゃーごつ »