« 行きし | トップページ | 太~なす »

2013年7月22日 (月)

はねごし

『はねごしちゃ うったち びんぼうにんが するばっかして おもうとったばってん むかしの おとのさんも しよったげなばい』「跳ね越しってのは、私たちのような貧乏人がするものばかりと思っていたけれど、昔のお殿様もしてたらしいよ」
・・・というわけで、季節ネタでござります。

【はねごし】贈答品のたらい回し。贈り物・頂きものを他所にそのまま使いまわすこと。「跳ね越し」と書くとでしょうね。早い話が自分ちに残らずに飛び跳ね越して行くということでっしょうね。

で、昔のお殿様の話。「献残(けんざん)」「献残屋(けんざんや)」という言葉をたまたま見つけたもんやけん、今日の会話になったわけです。その用語説明。
【献残】大名に献上した品物の残り物。また、献上された物で不用のもの。
【献残屋】江戸時代、江戸でその献残品を買い取り、これを利用して慶事の祝物・結納物などへしつらえる業。またはその人(広辞苑)。

さて、本日のネタ画像。頂きものの写真と思いましたばってんが、跳ね越しして手元になんもなかもんやけん(・・・な~んてくさ)、こげな写真でご勘弁。
波平さん見参。

Namiheisan

|

« 行きし | トップページ | 太~なす »

コメント

> いつぺんでよかけんカナダで言うたり、歳暮、中元のやりとりばしてみたかあー。
ははは。生活習慣の違いはそうそうは埋まらんめえけんですね、なんか良か方法のありゃ良かとでしょうけどね・・・。わかりますわかります。
> ゆきしでん、でも、かえしでんでもよかけん
そうか、対語としちゃ「帰りしな」「帰りし」やないで「返し」の方が正解かもしらんですね。盲点のごたる言葉を教えていただきました。おおきにありがとうございます。さんきゅ~。

投稿: MISTAKER | 2013年7月23日 (火) 18時01分

歳暮、中元の習慣も無かし、ゆきしでん、でも、かえしでんでもよかけん、ひぼかしば買うて来てー、といつぺんでよかけんカナダで言うたり、歳暮、中元のやりとりばしてみたかあー。

投稿: hanazono | 2013年7月23日 (火) 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/57842301

この記事へのトラックバック一覧です: はねごし:

« 行きし | トップページ | 太~なす »