« おりよーとる | トップページ | ようなす »

2013年6月25日 (火)

ごろごろ

えっ、これも方言?シリーズ六十三。ごろごろ。
『ちーとまえまで ばさしくわせるみせな くまもとまで いかな なかったばってん こんごろな そげなみせ ごろごろあるやろ』「少し前まで、馬刺しを食べさせる店は熊本まで行かないとなかったけれど、このごろはそうした店はたくさんあって珍しくないだろう」

【ごろごろ】(石がそこらじゅうにゴロゴロと転がっているように)ちっとも珍しくない様子・・・と長ったらしい用語説明でご容赦。反対に「ごろごろない」でそうそうはない、珍しいの意味。
つい最近まで、「ゴロゴロが方言らしいやら」思いもせんかったです。ネット検索でもあんまし用例は見つからんごたります。
広辞苑にはこの意味では収録なし。大辞林にはかろうじて、たくさんあって,ありふれているさま。「そんな話なら世間にごろごろしている」とあります。方言と共通語の微妙な境目にある言葉かもしらんですね。

Suganoya_basashi02

写真は博多阪急の「菅乃屋」の馬刺し寿司。菅乃屋はその昔々熊本市の健軍商店街のこじんまりとした馬肉屋(料理は二階で食べさせよりました)やったとですが、今では簡単に通えないような高級料理屋チェーンになっとります。お値段のお安い店はごろごろはない・・・というとこですかね。ははは。

|

« おりよーとる | トップページ | ようなす »

コメント

> 「ごろごろしとる」て使うほうがおおか。
やっぱそうでしょうね。「ごろごろしとらん」は使わんことはなかばってん、ちょっとまわりくどい感じがせんこともなかですもんね。
実は今回に「ごろごろ」は肥後弁辞典を読みよって「あ、これもこれも」て気がついたとでした。おおきに>肥後弁。ははは。

> 菅乃屋
ほんなごと高か店になったですね。成り上がりていうと言葉は悪いばってんが、まさにそげな感じ。たしか東京銀座にも出店しとったっちゃなかですかね。まぁしかし料理はたしかにうまかったです。金でも拾うたらまた行ってみまっしょう。ははは。

投稿: MISTAKER | 2013年6月27日 (木) 11時33分

>「ごろごろない」でそうそうはない、珍しいの意味。
「ごろごろしとらん」よりも「ごろごろしとる」て使うほうがおおか。

「菅乃屋」は高っかけん行ききらんと。

投稿: リリー姫 | 2013年6月27日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/57664953

この記事へのトラックバック一覧です: ごろごろ:

« おりよーとる | トップページ | ようなす »