« 冷麺 | トップページ | おりよーとる »

2013年6月10日 (月)

さんぎょうし

あすんもんシリーズその十二。さんぎょうし。
『じいちゃん いまごろんこに さんぎょうしやら いうたっちゃ なんかわからんめえね それどこか たけうまにも のったこと ないっちゃないかいな』「爺ちゃん、今どきの子どもに(さんぎょうし)なんて言っても、なにがなんだかわからないだろうね。それどころか竹馬にも乗ったことないんじゃないかしらん」

【さんぎょうし】竹馬。たまに乗ってる子も見ますばってんが、その竹馬が竹馬ならぬプラッチック馬やったりします。なんか味気なかですね。ちっと山ん中に入って折れ朽ちた細竹でも拾ーてくりゃ、すぐに出来ろうにですね。ま、これも今どきの人には無理な話やろかな。自分はいわゆる団塊の世代ばってんが、「さんぎょうし」は理解できても実際には使ーたことはなかですね。つまり竹馬世代。つまり消滅寸前語ですね。

というわけで、「消滅寸前博多弁事典」の方に収録して、その語源は「さんぎょうし=鷺足(さぎあし)」などと書いてはいたんですが、今回その鷺足の絵を見つけたので、あらためて書き直している次第です。以下、図と語義説明は日本国語大辞典から。

Sangyosi

まさしく、これは「ホッピング」でありますね。
続いて、この「鷺足(さぎあし)」の語義語源などをつらつらと。

【鷺足】
1:(鷺が湿地などで足を高く上げて歩くように)足を上げて静かに歩くこと。ぬきあし
2:田楽舞の道具の一種。一本の棒の上と中ほどに横木のあるもの。上の横木を両手で持ち、中の横木に乗って演ずる。またその演技、舞をいう。
3:子どもの遊び道具の一種。竹馬のこと。さぎゃあし・さぎょうしのこと。

|

« 冷麺 | トップページ | おりよーとる »

コメント

> 「さんぎょうし」は使うたこと無かです
自分も「そげな言葉があった」と知っとるだけですし、hanazonoさんも使われたことがなかとなると、けっこう古くから消滅語化しとったとかもしらんですね。
原田種夫さん(明治34年生れ)の「博多方言:文林堂」、波多江五兵衛さん(明治39年生れ)が調べ集められた博多弁収集書「博多ことば:私家版」のどちらにも収載されとるので、明治末から大正にかけてはまだ使われとったとのごと思えます。

投稿: MISTAKER | 2013年6月17日 (月) 05時25分

竹馬は知つとるばつてん、「さんぎょうし」は使うたこと無かです。どの位の時代頃まで使いよんしゃたとやろか。
竹馬は店には売りよらんやつたけん大抵の男の子は体に合はせた手製のば乗りまわしよりました。

投稿: hanazono | 2013年6月17日 (月) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/57566272

この記事へのトラックバック一覧です: さんぎょうし:

« 冷麺 | トップページ | おりよーとる »