« こく・こぐ。 | トップページ | 冷麺 »

2013年5月28日 (火)

こーばりつく

未収録語シリーズ 二百一。こーばりつく。
『せんたくのりの おおかったっちゃろか ゆかたんそでもみごろも ばりばりに こーばりついとる』「洗濯糊が多すぎたのかしら。浴衣の袖も身頃もばりばりに固くなってひっついているわ」

【こーばりつく】かたくなってぴったりと付(着)くこと。もともと柔らかいものが粘着、固着すること。語源由来は「強張(こわば)りつく」。読んで字のごとし、そんままですたいね。

もいっちょついでに例文あげときますか。『おまやぁ、こまかころな ごーばなたれで かおもそでぐちも いっつも きちゃのー こーばりついとったもんな』「お前は小さい頃、強(青)洟垂れで顔も袖口もいつも汚く強ばりくっついていたよね」

写真は強洟垂れ・・・ならぬ小便垂れ。ははは。

Sikkokozo

|

« こく・こぐ。 | トップページ | 冷麺 »

コメント

> 青洟ばふいて袖口んこーばりついとったこつよ。
そげんそげん。なして昔はそげんやったとですかね。今ごろはそうそう見らんですもんね。自分らの子どものころな、今の猫やら犬の目ヤニやら青洟垂れのレベルやったとかもしらんですね。

投稿: MISTAKER | 2013年5月29日 (水) 00時29分

>こーばりつく
肥後弁も博多弁と一緒。
青洟ばふいて袖口んこーばりついとったこつよ。

投稿: リリー姫 | 2013年5月28日 (火) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/57474516

この記事へのトラックバック一覧です: こーばりつく:

« こく・こぐ。 | トップページ | 冷麺 »