« くされ | トップページ | しいしい »

2013年4月23日 (火)

ちら。

未収録語シリーズ 百九十七。ちら。
『ほーくすな まいっちょ かちゃ ちらいなるとこで いっつも まけるな』『そうたい きょうの にちはむせんな どげん なるやろかね』「ホークスはもう一つ勝てば貸し借りなしになるとこでいつも負けるね」「そうだね。今日の日ハム戦はどうなるだろうね」

【ちら】勝ち負け、貸し借りなしの同等対等の関係。ちらいなる・ちらいすると言います。共通語の「ちゃら」の訛り変化でしょうね。語源としては、話を元に戻す、話を真っさらにするの「さら:新」やなかでしょうかね。

はい、では本日現在のホークスの貸借表。もいっちょでちらいなります。

Tira

|

« くされ | トップページ | しいしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/57231390

この記事へのトラックバック一覧です: ちら。:

« くされ | トップページ | しいしい »