« もざくる | トップページ | よくどうしい »

2012年11月28日 (水)

未収録語シリーズ 百八十四。す。
『みみんすが じゅくじゅくで えらい いたかなーて おもいよったら こんどな はなんす まで おかしゅうなってった』「耳の穴がジュクジュクで痛いなと思っていたら、今度は鼻の穴までおかしくなってきたよ」

【す】穴のことです。もともとは共通語の大根やきゅうりにできたスカスカの「鬆(す)」のことですばって、これが方言化して穴の意味になったとのごたります。豆腐を煮すぎて出来る小さなブツブツ穴も「す」て言うですね。
九州では耳んす、鼻んすの他に、しんのす、尻のすと言う所もあるごたります。

写真は我が愛読書「わけのしんのす:檀一雄:旺文社1983年刊」の目次。

Wakenosinnosu

この書の中から引用:ワケはイソギンチャクである。くわしくいえば、ベニヒモイソギンチャクだ。筑後川の流れ入る、有明海のガタ(泥土地帯の潟)のあたりなら、いくらでもいる。そのワケをワケノシンノスと呼ぶのは、少々卑猥の意味を加えた愛称だろう。ワケの尻の巣の音訛したものである:引用終わり。

|

« もざくる | トップページ | よくどうしい »

コメント

トムの鼻んすは鼻垂れとらんけん大丈夫のごたりますね。耳んすは黒くなっとらんですか。最近は喧嘩傷もなかごたって一安心ですたいね。よかことよかこと。

投稿: MISTAKER | 2012年11月29日 (木) 17時07分

「耳んす、鼻んす、しんのす」て使うごたる。

>豆腐を煮すぎて出来る小さなブツブツ穴も「す」て言うですね。
肥後弁も一緒。

投稿: リリー姫 | 2012年11月29日 (木) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/56208926

この記事へのトラックバック一覧です: :

« もざくる | トップページ | よくどうしい »