« あんかと・こんかと | トップページ | 糸島弁の資料 »

2012年7月 3日 (火)

せん

未収録語シリーズ 百七十三。せん。

博多弁に「せん」やらあったかいな、物事しないの「せん」ならわかるばってんが・・・とおっしゃる貴兄に、まずは例文。例文読んでも知らんひとは知らん可能性はある博多弁ばってんね。

『せん いわれたっちゃ しらんもんは しらんばい せんこつ だれが いいふらしよるとや』「そんなこと言われても知らないものは知らないよ。そんなことを誰が言いふらしてるのかい」

どげんやったですか。知っとったですか?

【せん・せんこつ】そんな、そのような。そんなこと。そのようなこと。関西弁の「せや」「せやんか」の「せ」と同じ根を持っとるとかなとは思うとりますが、語源も文法的にも、よー説明しきらんとです。

前回の糸島弁シリーズの「あんかと・こんかと」とも関係しとるごともあるしですね、どうにも消化不良な用語解説ですんまっせん。とりあえず、今回は言葉の提示だけということで、ご容赦ですたい。まちっと調べてみます。

|

« あんかと・こんかと | トップページ | 糸島弁の資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/55109883

この記事へのトラックバック一覧です: せん:

« あんかと・こんかと | トップページ | 糸島弁の資料 »