« めのは | トップページ | せん »

2012年6月24日 (日)

あんかと・こんかと

↓下の方で書いとったごと、
糸島弁にまつわるよしなし事を、この「へっぱくBLOG」で能書き垂れようかと思うとりましたが、ここじゃどうもどっちも半端になりそうなもんやけん、いっそのこと新規にやろうかと、「糸島弁ブログ」
http://mistaker.cocolog-nifty.com/itoshimaben/
をたちあげることにしました。ご足労かけますが、「糸島弁ブログ」へもどうぞよろしゅうお運びくださいませ。

「糸島弁シリーズ」ていう、新しいカテゴリー・ジャンルをいっちょ増やします。一応、方言学上は博多弁に組み込まれとでしょうが、それでちゃ、やっぱしこりゃ糸島弁やな~、このニュアンスは博多にゃなかな~という言葉はあるごたります。そげな糸島風味の言葉をぼちぼちと書いていこうて思いよります。

では、糸島弁シリーズその一。あんかと・こんかと。
『おもちゃやさんで まごが あんかとも こんかともて ほしがるもんやけ あいらしさまけして えらい さんざいしとりますと』「玩具屋さんで孫があんなのもこんなのもと欲しがるものだから、可愛らしさに負けてずいぶんと散財してしまいました」

【あんかと】あんなの、あのようなもの。あんなと。
【こんかと】こんなの。このようなもの。こんなと。
「あんなと」「こんなと」は「あんな」「こんな」に博多弁代表格の「と」がプラスされたとでっしょうが、この「な」の部分が「カ語尾化」したもんやろかなと考えとります。例えば、「変な→変ない→変なか→変か」、「きれいな→きれいか→きれか」になって、しまいに、「変かと」「きれかと」となるごとですね。
これは博多の西寄り方面では、そして糸島出身者と話よると、けっこうよく聞く言葉です。博多の地のもんはあんまし言わんかな。せいぜい「あんなと」「こんなと」で、あとは年寄り定番の「あげなと・こげなと」ですもんね。もちろん人にもよりますばってんが。

Fukufukunosato

ここ、福吉の「福ふくの里」に行くと、ついつい、あんかとも、こんかとも・・・て酒の肴ば買い込んでしまうとですよ。

この糸島弁シリーズんときは、ネタ写真もできたら糸島風味でと考えとりますが、どうなりますか。

|

« めのは | トップページ | せん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/55039087

この記事へのトラックバック一覧です: あんかと・こんかと:

« めのは | トップページ | せん »