« ~つね | トップページ | スーパイコ »

2012年5月28日 (月)

えいしょうえ・しょんがね(しょんがえ)

未収録語シリーズ 百七十二。えいしょうえ・しょんがね。
『なあなあ いわいうたんなかの えいしょうえやら しょんがねちゃ どげな いみな』『いみやら なかろうもん ただの かけごえ はやしことばや なかとな』「ねえ、博多祝い歌のなかの、えいしょうえやしょんがねとはどんな意味なの」「意味なんてないだろう。ただの掛け声はやし言葉じゃないのかい」

・・・というわけですが、今回はその意味不明の掛け声部分を無理やり意味づけしょうかと考えとります。では、その博多どんたくの歌。博多祝い歌の一番の歌詞。

1 祝いめでたの若松さまよ 若松さまよ 枝も栄ゆりゃ 葉も茂る

エイショーエー エイショーエー ショーエ ショーエ
アー ションガネ アレワイサソ エーサーソーエ ションガネ (この部分繰り返し)

以下、意味付けと用語説明はすべて日本国語大辞典から。

【エイショー・エー】【エイ・ショーエー】
栄昌:栄えること。
詠唱:節をつけ声をだしてうたうこと。
詠誦:詩歌などを声に出して詠むこと。
昌栄:勢いが盛んで栄えること。
唱詠:詩歌などを吟ずること。
誦詠:詩歌文書などを吟ずること。
賞詠:詩歌などのよさを認めて味わいながら吟ずること。
觴詠:酒を飲み詩歌を吟ずること。

【ションガネ】=しょんがえ=しょんがい=しょんがいな=(ションガネは博多んもん特有かも)。しょうがない・しかたないの意味はなかと思うとります。
俗謡の終わりにつけるはやしことば。しょんがえ節のなかの一節。ここから他のうたにも転用された。
【しょんがえ節】流行歌のひとつ。江戸時代、寛文のころから明治まで、歌詞と曲調を変えてうたわれた。
語源:自分の移住地以外で踊ったところからショガイ(所外)踊の節の義か、またはショガエ(所替)か。他には(勝凱)や(唱歌栄)の文字が当てられたげなです。
【アレワイサソ】
これも、うたの中にはいるはやし詞。♪お江戸日本橋七つ立ち、初上り。行列揃えてアレワイサノサ・・・と同じ。博多とお江戸で同じ掛け声ですたいね。
意味としちゃどうなるとやろ。
アレ:ああ・あれあれといった感動や応答・呼掛けを表す語。感動詞感嘆詞。
ワイ:感動・詠嘆の意を表す。現代語では主に男性が用いる(この部分は広辞苑)。
・・・と書いてみても意味がはっきりせんので、とりあえずへっぱく流に、「あれあれ、どうしましょ、さあさあ、こうしましょ?!」とでも訳しておきましょうか。

・・・とまぁ、こんなところでっしょうか。しょんがね。

|

« ~つね | トップページ | スーパイコ »

コメント

> 皆誘え
> しょーがねー!やるばい!
ははは。なるほどなるほど。
山を舁くとよりも直会目的の博多んもんもいっぱい居るごたーですもんね。舁いて興奮して紅潮しとるとか、酔って顔を赤ーしとるとかわからん人もよ~見ます。まぁどっちが狙いにしたっちゃ、それで山が引き継がれていくとなら結果は万々歳ですたいね。
面白い解釈をありがとうございます。楽しませてもらいました。

投稿: MISTAKER | 2016年5月26日 (木) 07時52分

歌詞からするに、えい、しょーえ。しかたなか、飲みよるとにわざわざ行こう。やろうや。という意味でしょう。
アレワイサソエ、アイツもワレも、皆誘え。でしょ。
ションガネー。しょーがねー!やるばい!でしょ。
博多もんの心意気が感じますが、違いますかねぇ?

投稿: 鹿島コウジ | 2016年5月25日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/54819158

この記事へのトラックバック一覧です: えいしょうえ・しょんがね(しょんがえ):

« ~つね | トップページ | スーパイコ »