« ぬかりこむ | トップページ | ふつ餅 »

2012年3月12日 (月)

取り腰

えっ、これも方言?シリーズ五十。取り腰
『もやいやまの かせいな いっちょん せんくせに とりごしだきゃ えらいつよかな』「山の共同作業はちっともしないくせに(生産物の)分け前だけはずいぶんと欲しがるんだね」

【取り腰が強い】・・・で、物欲が強いこと。人並み以上に欲しがる・手に入れたがる。取り越し苦労の取り越しは読みは同じばってんが意味も語源も違うかです。取り腰の腰は「本腰」や「腰を入れる」の腰で気構え、物事に取り組む姿勢のこと。

腰が強い弱いとなると、博多でいっつも話題になるとがうどんの腰。写真は博多の代表的なうどん。呉服町のみやけうどん。ここんとは「うろん」やけん腰のなかよ。ばってんが伸びてふやけとるわけやなかとよね。

P5220016


|

« ぬかりこむ | トップページ | ふつ餅 »

コメント

> コツコツした麺にはようなじめんとです
博多でも最近は讃岐風麺ばかしになってきとります。博多うろんを伝える店も少なくなってきとります。自分は博多んもんらしくのーて、元々あんまし柔い饂飩麺は好かんやったとですが、最近歳を喰ってきたせいか、やっと博多うろんの良さがわかってきた感じです。乾麺やら讃岐風やらを、博多風にするなんか良か方法のありゃ良かとですがね~。レンジかなんかで、腰だけ砕けさせられんでっしょうかね。なんか手がありそうな気もするとですが・・・。

投稿: MISTAKER | 2012年3月13日 (火) 01時43分

忘れてしもうとる博多弁の多かとに、自分でもびっくりしようとです。ばってん博多ん「うどん」の味はわすれとらんです。バンクーバーでも、冷凍、乾うどん売りよりますばってん、「さぬきうどん」系で、腰の強かとばつかりやけん、コツコツした麺にはようなじめんとです。

投稿: hanazono | 2012年3月12日 (月) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/54202747

この記事へのトラックバック一覧です: 取り腰:

« ぬかりこむ | トップページ | ふつ餅 »