« ふつ餅 | トップページ | ~げい »

2012年3月26日 (月)

やず

博多の食いもんシリーズその三十三。やず。
『ぶりぞうにに しちゃ ちーと きりみの ちいそーなかな こら ぶりやないで やずやないな』『まあ そげん いわんと たべちゃんしゃい あじな よかはずやけん』「ブリ雑煮にしては、すこし切り身が小さくないかい。これは鰤じゃなくてヤズを使ってるだろう」「まあ、そんなこと言わないで食べてくださいよ。味はいいはずだから」

【ヤズ】出世魚ブリの幼魚時の魚名方言。ブリとヤズの中間にハマチ。博多ではサイズの大小よりも、ブリの養殖魚を総じてハマチと呼ぶことが多かごたります。ヤズはあまり養殖魚には使わんみたいな気がしとります。

「福岡縣内方言集」という明治時代の古い方言集の復刻版を見よりましたら、ハマチの和名というのが載っとりました。「波里萬知」と書きよったとですね。ハマチていう呼び名はこげん昔からあったとですね。面白かな~。

Yazuhamachi01


|

« ふつ餅 | トップページ | ~げい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/54316462

この記事へのトラックバック一覧です: やず:

« ふつ餅 | トップページ | ~げい »