« じぇんじぇん | トップページ | ハラかハルか »

2012年1月25日 (水)

栄ゆる

えっ、これも方言?シリーズ四十八。栄ゆる。
『てんきんもんにくさ いわいめでたば おしえよるっちゃばってんが さっちが えだもさかえる はもしげるて うたうもんやけん おうじょうするやね』「転勤者にね、祝いめでたを教えているんだけど、必ず枝も栄える葉も繁ると歌うから困ってしまうよ」

ま、そういわんと丁寧に教えちゃっとき。

【栄ゆる】栄えるの訛り・・・というよりか、元々は古語の「栄ゆ」がそのまま博多に残っとるということでしょうたい。共通語の方が「栄ゆる」から「栄える」に訛ったという方が正解かもしらんですね。
万葉集にも、
<御民我れ生ける験あり天地の栄ゆる時にあへらく思へば >
なんてのがあるごたります。

とりあえず、歌詞ば書いときましょうかね。歌う順番が人によって場所によって、モノ文献によって(博多手帳でも違ったし、そうそう山笠んときも)違うごたりますが、一応は権威ありそうなとこから引用させてもろーときます。出典は「冠婚葬祭 博多のしきたり:波多江五兵衛:西日本新聞社昭和49年刊行」 1 祝いめでたの若松さまよ 若松さまよ 枝も栄ゆりゃ 葉も茂(しゅげ)る エイショーエー エイショーエー ショーエ ショーエアー ションガネ アレワイサソ エーサーソーエ ションガネ (この部分繰り返し) 2 さても見事な櫛田のぎなん 櫛田のぎなん 枝も栄ゆりゃ 葉も茂る 3 こちの座敷は祝いの座敷 祝いの座敷 鶴と亀とが 舞い遊ぶ 4 こちのお庭にお井戸を掘れば お井戸を掘れば 水は若水 金が湧く 5 だんな大黒ごりょんさんな恵比寿 ごりょんさんな恵比寿 できた子供が福の神

はい、最後に面白か「祝いめでた」を見つけましたけん、ご紹介しときましょう。

|

« じぇんじぇん | トップページ | ハラかハルか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/53823961

この記事へのトラックバック一覧です: 栄ゆる:

« じぇんじぇん | トップページ | ハラかハルか »