« 「ああね」の由来語源 | トップページ | ぼとつく »

2011年11月19日 (土)

こしょう

博多の食いもんシリーズその三十。こしょう。
『うちんしてんに てんきんしてきたやつと うどんのはなしに なってくさ うどんにゃ こしょうかけらな おいしゅうなかばいて いうたら そいつぁ びっくりしよったやね よそじゃ こしょうやら いれんとかいな』「うちの支店への転勤者とうどんの話になってね、うどんには胡椒かけないとおいしくないよと話したらびっくりしていたよ。他所じゃ胡椒は入れないのかな」

【こしょう・胡椒】唐辛子のこと。一味七味。
博多(九州)では唐辛子のことも胡椒て言うとですよ。人によっては唐辛子じゃない方のコショウを洋ゴショウて区別して言いよります。そりゃぁ、博多でもいくらなんでも、うどんに(洋)コショウはかけんです(居るかもしらんばってん)。かけるとは唐辛子。どっちかというと、「えっ、これも方言?シリーズ」に入れるべきやったかもしらんですが、これから紹介する「ゆずごしょう」のこともあるけん、「博多のくいもんシリーズ」にしときました。

Yuzugosyo

我が家のコショウ類。左から七味、普通のコショー、柚子ごしょう、塩コショー、かんずり。柚子ごしょうも最近はけっこう全国的になっとっちゃなかですかね。自分が最初にこげなとがあるったいと気づいたとは、まだ二十歳代のころ国東あたりやなかったでしょうか。たしかそんなに記憶が・・・。

あ、そうそう。博多のラーメン店(注:固有名詞の「博多ラーメン」とは書かん)にも唐辛子系タレ(団子?)を入れるとこが増えて来たごたります。発祥はよー知らんけど龍龍軒あたり?で一蘭がバラマキよー形かいなね。自分はどちらも一度で懲りたです。まぁ唐辛子が乗ってなくても食わん店ですが。

|

« 「ああね」の由来語源 | トップページ | ぼとつく »

コメント

「かんずり」ていうとは新潟の方の「練りとうがらし」みたいなもんです。柚子胡椒の辛さとはまた違った風味でちょっとまろやかな感じですかね。博多でもチラホラと売りよる店があります。熊本のデパ地下あたりば探してみるとよかかもです。
そういや、熊本名物には「からし蓮根」があるですね~。あれはさすがにコショーレンコンちゃ言わんか。ははは。

投稿: MISTAKER | 2011年11月20日 (日) 15時24分

>柚子ごしょうも最近はけっこう全国的になっとっちゃなかですかね。
熊本のみやげで売っとる。うちが買うたつは「草枕温泉」と「熊本城 城彩苑」。

「かんずり」て知らんばってん。

投稿: りりー姫 | 2011年11月19日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/53280116

この記事へのトラックバック一覧です: こしょう:

« 「ああね」の由来語源 | トップページ | ぼとつく »