« しかかる | トップページ | 「ああね」の由来語源 »

2011年10月30日 (日)

ソース天ぷら

博多の食いもんシリーズその二十九。ソース天ぷら。
『あんたんがいな てんぷらに そーす かけるな』『あたりまえくさ いわしふらいでちゃ ちゃんぽんでちゃ さらうどんにも かけるやな』「あなたの家では天ぷらにソースをかけるかい」「当たり前だよ。イワシのフライにも長崎ちゃんぽんにも皿うどんにもかけるよ」

おっと、そうたい。ここでいう天ぷらはすり身を上げたさつま揚げのことやないけんね。イカ・エビ・キス・野菜などの普通の天ぷら。

【ソース天ぷら】天ぷらにウスターソースをかける食べ方、食習慣。これはまったく思いもせんかった「食い物方言」やったです。博多には今でもソース派と普通の天ぷらつゆ派が半々らしかとですね。うちんがいの奥方(の親もその親も博多)に確認したら、自分と結婚するまでソースやったげなです。

で、なして、自分が無自覚の「つゆ派」やったかというと、自分の母親は関東出身やったとですよ。オヤジも東京に少し居ったことがあるけん、別にどっち流でもよかったとでしょうね。それで我が家では博多流やない天ぷらの食べ方をしよったとでしょうね。まったく知らんことやったです。

ちなみに、この情報元、つまりソース(^^;は「天ぷらにソースをかけますか?(野瀬泰甲:新潮文庫)」。面白い本やけんご一読おすすめします。

Saucetenpura

イカ天・ごぼうかき揚げにカゴメウスターソースをかけてみました。可もなし不可もなし・・・というところでした。
え~、それと、これは自分流かもしらんですが、「つゆ」やないで、インスタントの味噌汁や吸い物(つけつゆ兼用)と一緒に食べたりもします。

|

« しかかる | トップページ | 「ああね」の由来語源 »

コメント

> 東西食文化の境目フォッサマグナ説を唱えています
ははは。本にも同じようなことが何ヶ所が出てきてましたね。
> 「あんなん食べれるかいな」と家の中でだけは話します。
ご夫婦どちらかの地元に住んでいらっしゃれば、堂々と外でも宣言できるとですけどね~、20年ならもう慣れられたでしょうが多少はストレスが貯まるんじゃないですか。
言葉はもちろんですが、料理も祭りもたしかにふるさと愛につながります。とくに博多は支店経済都市のくせに住民は「行かず東京」派が今でも多くいますからなおさらですね。

投稿: MISTAKER | 2011年11月17日 (木) 08時34分

また同じネタで引っ張ります。
「天ぷらにソースをかけますか?」は以前読み、よく調べてあって感心しました。
東京に来て20数年、東西食文化の境目フォッサマグナ説を唱えています。

総じて大阪、京都、神戸、博多、鹿児島など郷土愛が強くプライドを持っている人は「お餅は丸やろが」「すき焼きは牛肉に決まっとるがな」「赤飯あもすんな」と我が郷土の味を主張しますが、「出身は関西です」と言ってしまう奈良県人や「出身は九州です」と言ってしまう大分県人の人は我が郷土を主張しません。

私は博多、夫は京都、人一倍郷土愛の強い西側なので、東側の、豚肉すき焼き、甘納豆赤飯、納豆に砂糖、真っ黒いおうどんは「あんなん食べれるかいな」と家の中でだけは話します。
よその食文化とお祭りは批判すると喧嘩になりますからね。
「ウサギ食べる国民がクジラ食べるとは残酷やら言わんとき」となりますけん。

投稿: 飛ぶクジラ | 2011年11月16日 (水) 06時49分

> 出演者全員「エーーーッ!!」っとけっこうな騒ぎになってましたよ。
そういうことがあったとですね。見ときたかったですね。しかしその出演者に関西(含めて)からコッチの人は居らんやったとですかね。先述の本の統計やと半数くらいはソース派となっとったとですが・・・。なんか田舎くさい感じがして知らんふりでもしとったかな。

投稿: MISTAKER | 2011年11月16日 (水) 00時23分

以前松田聖子さんがテレビ番組で「福岡では天ぷらにソースかけます」と言ったら、出演者全員「エーーーッ!!」っとけっこうな騒ぎになってましたよ。

投稿: 飛ぶクジラ | 2011年11月14日 (月) 17時40分

> あ、醤油という手もあるですね。熊本でソースやなかとか~。なるほどなるほど。醤油の方が天つゆに近いといや近いですもんね。しかし、自分の天ぷらの食べ方が博多じゃ普通やないやら考えたこともなかったけんですね、今回はビックリしました。

投稿: MISTAKER | 2011年11月 3日 (木) 01時47分

>コロッケなどはウスターかけよったとですがね~。
醤油がでてこんね。コロッケは一緒ばってん、天婦羅は醤油じゃなかったつね。てんつゆん無か時はダンナもうちも醤油ばかけよった。ダンナはソースん時もあった。

投稿: りりー姫 | 2011年11月 2日 (水) 06時16分

> 「天つゆ」と大根おろし
それとスリショウガもおいしいですね。しかし自分はまったく博多&ほぼ九州一帯が基本(昔は)ソース派というとは知らんやったです。同じ揚げ物でもコロッケなどはウスターかけよったとですがね~。それこそ、こと天ぷらに関しては博多もんの風上にもおけんヤツ=自分でありました。こげなふうに、まだまだ片寄った思い込みがあるかもしらんです。修行が足りませんですね。

投稿: MISTAKER | 2011年11月 1日 (火) 00時21分

天麩羅は子供のときからソースでしか食べたことなかったとですが、戦後、ちょつとしゃれた所で外食した時「天つゆ」と大根おろしが出てきたので、びっくりした事を覚えとうです。
 熊本から出てきた田舎もんの、親達はこげんなしゃれたもんば知らんやったとやろう、と思うた事でした。   博多の食い物方言とは驚きでした。

投稿: hanazono | 2011年10月31日 (月) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/53116617

この記事へのトラックバック一覧です: ソース天ぷら:

« しかかる | トップページ | 「ああね」の由来語源 »