« やりきり | トップページ | 甘かろか »

2011年9月28日 (水)

ちぎる

えっ、これも方言?シリーズ四十四。ちぎる。
『れいぞうこに びわば ちぎって ひやしちゃるけん たべときんしゃい』「冷蔵庫にビワをもいで冷やしているから食べておきなさい」

【ちぎる】もぐこと。ひねって本体から離しとる。もぎりとること。
広辞苑には、「ちぎる=無理にもぎとる」と「もぐ=ちぎる」の両項目でおたがいに同様の説明がしてあり、これを読むかぎりでは共通語のようです。ただ実際に「果物の実をもぐことをちぎる」というとは、どうも九州方言のごたるとですね。他の地域ではあまり使われてないみたいで、例えば、柿をちぎる・・・などでgoogleってみると、ここらへんの用語例しかあまし見つからんことがわかります。試してみらっしゃるとよかです。

あ、そうそう。個人的には「ちぎる」の項目に、柿ちぎり・びわちぎり=柿盗み・ビワ盗みという説明も入れんといかんような気がせんこともなかですね。あーたもそうやろ。ははは。

写真は博多では珍しいキウイの木。手が届きそうになかったのがチト残念・・・と言うてみたりして。

Kiwi

|

« やりきり | トップページ | 甘かろか »

コメント

> 小餅つくる時「ちぎる」って言いませんか
いいますいいます。ちぎって丸めて、はい、もろぶたに・・・って感じやったですね。
自分は「悪漢をちぎっては投げちぎっては投げ・・・」という昔の講談漫画みたいなもんを一番に思い出しとりました。

ちっとgoogleしましたら、こげな面白話が見つかりました。お暇つぶしにどうぞ~。
名前欄の「落語:弥次郎」というとばクリックしてみてくださいませ。

投稿: 落語:弥次郎 | 2011年9月30日 (金) 21時50分

> 「柿ばちぎる」て使うばってん肥後弁辞典の載っとらんと
もしかしたら、編著者さんが「ちぎるは方言やなか」という判断ばしとんしゃるとかもしらんですね。そうなってくると九州方言という自分の独断分類がちーと微妙になってきますね~。ははは。ま、よかろたい。

投稿: MISTAKER | 2011年9月30日 (金) 21時41分

お久しぶりです。何もかもおっくうになってしもうて、ばってんしぶとう生きとります。ずーと使うたごとある様な言葉ば読ませてもらいながら、コメントするだけのストックが無かっとです。  「ちぎる」ですが、小餅つくる時「ちぎる」って言いませんか。言いよったごたーとですが。?

投稿: hanazono | 2011年9月30日 (金) 10時35分

「柿ばちぎる」て使うばってん肥後弁辞典の載っとらんと。

投稿: りりー姫 | 2011年9月30日 (金) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/52850889

この記事へのトラックバック一覧です: ちぎる:

« やりきり | トップページ | 甘かろか »