« まいひ | トップページ | しまいおけ »

2011年2月 6日 (日)

ようちい

未収録語シリーズ 百四十。ようちい。
『おまえくさ いくつに なったっちゃ ようちかねえ なして がきんごと ようちいとや』『そげんいう おまえな えっちいやないか えっちかほうが みっともなかばい』
「おまえって、いくつになっても幼稚だね。どうして子供みたいに幼稚なのかい」「そういうお前はHじゃないか。Hな方がみっともないぜ」

ま、どっちもどっち・・・というわけですたいね。

【幼稚い・幼稚か】幼稚だ。幼稚なこと。
【Hい・Hか】性的にいやらしいこと。こっちは比較的新しい言葉でっしょうね。まだ若者語ていう方が正解かもしらんです。
どちらも、語尾が「・・・ち」で終わる名詞がイ語尾化、カ語尾化して博多弁化したもの。
他に思いつくとこでは、「けちい・けちか(吝嗇)」くらいやろか。なんか別にあったら教えちゃんしゃいね~。
また、同列には並べられんと思うっちゃけど、似た変化では、ちゃっちい・ちゃっちか(安っぽい)。ばっちい・ばっちか(汚い)。あぽち・あぺち・・・これも汚いか。新しかとこでは、きもい・きもか・きしょい・きしょか(気持ち悪い)。これもあんまし良い意味やなかね。こげなとが多かですね。なしてやろ。なにはともあれ、こげなとこでしょうかね。

ちなみに、駅地下・デパ地下は博多弁ではありまっせん。ははは。本日はネタ画像を思いつかんかったけん文字だけでご勘弁。

|

« まいひ | トップページ | しまいおけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/50789568

この記事へのトラックバック一覧です: ようちい:

« まいひ | トップページ | しまいおけ »