« うんね | トップページ | 誰がつ »

2010年12月 5日 (日)

みっとも悪い

えっ、これも方言?シリーズ三十八。みっとも悪い。
『おきゃくさんの きとんしゃるとに なして そげん みっともわるか かっこうして でてくるとね』「お客さまが来ていらっしゃるのに、どうしてそんなにだらしないかっこうで出てくるのかしら」

【みっとも悪い】みっともないこと。体裁が悪い・見苦しいこと。その博多方言。あまりに日常語過ぎて、まさか博多弁ちゃ思わんかったです。
で、ボキャブラリー豊富な博多弁にゃ当然のこととして、「みっとも悪い」があるなら、「みっともいい」「みっとも良い」という言葉もあるわけでして、その会話例文も書いときましょうかね。

『そげんいう かあちゃんの あっぱっぱも いっちょん みっともいいことなかばい』「そんなにいう母さんのアッパッパ(ワンピース)も見苦しいよ」

一応は良いとしておいて否定しとりますね。なかなか高級な(^^;用語方法であります。

さて、この「みっとも悪い」「みっとも良い」をネット検索してみたら、やれ「誤用、間違い!」やれ「おかしい」などと、けっこう非難の的になっとるとですね。生まれつき使いよる言葉を「そりゃ間違い」て言われてもですね~、困りますばい。「方言否定は人間否定、そういうあんたは人間差別しよるとばい」と言い返してやらないかんです。

「みっとも悪い」サイトを二つほどあげときますけん、ご参照くだされ。本日はネタなし画像なしでご勘弁。たまには真面目に博多弁のお勉強をしておきましょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448347274 http://www.ytv.co.jp/announce/kotoba/back/1301-1400/1366.html

|

« うんね | トップページ | 誰がつ »

コメント

> 攻撃的な態度は心底不思議に思います。
そうとられたとしたら申し訳ありませんが、本人にはまったくそういう意思はございません。何百何千項目という博多弁を一言一言ただ自分の感覚だけで十数年書き連ねてきているHPやブログですし、その大半はジョークや無駄口で味付けして遊ぼうとしているものです。正直なところ、そのなかのただこの一文だけを取り上げられて、不快だとおっしゃられても「困ったな」とお答えするしかできません。お気に召さないとおっしゃられても「ご容赦です」とおことわり申し上げるしかできませんし、自分としてはこうした考え方や作文ペースを変えるつもりもございません。これもまた平にご容赦ご勘弁願うしかありません。

投稿: MISTAKER | 2011年9月29日 (木) 03時47分

検索から来たので遅コメすみませんが、
方言否定は人間否定というなら、方言否定の否定は人間否定ではないのですか?
何故相手が一方的に差別していると決め付けるのですか?
日本語的には間違ってるかもしれないけど方言として昔から使ってきたので仕方ないで済ませばいいのに、わざわざ相手を攻撃するのは何故ですか?
誤用が浸透している例は他にもあるのに何故わざわざボキャブラリー豊富などと自分の方言だけを持ち上げて、それを受け入れないひとを排斥するのですか?

他地方ですが方言で話し、それは誤りだと言われたら「へえ、そうなんだ」程度で済ませている身としてあなたの攻撃的な態度は心底不思議に思います。

投稿: - | 2011年9月28日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/50215148

この記事へのトラックバック一覧です: みっとも悪い:

« うんね | トップページ | 誰がつ »