« 今日感テレビ「こんなの」でした | トップページ | どん »

2009年11月13日 (金)

みたむなか

未収録語シリーズ 百四。みたむなか。
『いくら したむなかて いうたっちゃ せっかくの みあいやなかや そのかっこな ちーと みたむなか すぎるっちゃなかや』「いくらしたくないと言っても、せっかくのお見合いじゃないかい。そのいでたちは少しみっともなさ過ぎるんじゃないかい」

【みたむなか】見たくもないから転じて、みっともない・見苦しいの意味。普通の日常的博多弁ですばって、ルーツは中世、まさに古語というてよかごたります。広辞苑には、狂言の「髭櫓」という演目のなかに「その髭が朝夕見たむのうてなりませぬ」とう例が収録されとります。
【したむなか】これも古語の「したうもなし」からの転で、したくないという意味。広辞苑には仁勢物語からの「女の仕事したむなささうに見えければ」を初出としてあります。

見たむなか・したむなか・・・どちらも日常使い普段使いの博多弁やもんやけん、事典にもブログにも項目立てしとらんやったとに気づかんまんまでした。あらためて収録させてもらいましたです。

どげんですか、こげんして博多弁がただの田舎言葉やないこと、もともとの素性は雅な都言葉に由来しとることを知ったら、変に方言コンプレックスを感じんでも良かとやないですか。自信持って博多弁ばしゃべってもろーたら嬉しかです。

さて、こうした雅な古語が出て来る狂言を見ろう聞こう鑑賞しようてすると、博多じゃなかなか機会のなかごたりますが、ココ大濠能楽堂http://www.ohori-nougaku.jp/index.cgiではちょいちょい公演されとるごたります。万作の会やらもありよるっちゃなかろうか。

|

« 今日感テレビ「こんなの」でした | トップページ | どん »

コメント

> 「みたむなか」いまはつかわんばってん
え~、そげなことですか。博多じゃバリバリの現役語日常語のごたります。ちょっとしたことで、博多と熊本もえらい違いのあるとですね~。このへんが方言調べの面白かとこです。

投稿: MISTAKER | 2009年11月17日 (火) 23時59分

「みたむなか」いまはつかわんばってん子供ん頃はききよったよ。

MISTAKERさんと奥様のお声も聞いたし面白かった~。うちは「いがいまし」。初めてきいたたい。

投稿: リリー姫 | 2009年11月17日 (火) 09時17分

> 三田村
ははははは~。さすがに想定外、思いつきもせんネタが突っ込んできて往生しとります。なんかダジャレ返ししたかったとですが、なしてか(シタムナカからやろけど)元ドラゴンズの今中慎二が直感的に浮かんで来ただけでう~ん答えになりまっせん。今回は降サンタ村。

投稿: MISTAKER | 2009年11月16日 (月) 01時26分

くだらないこと書きます。(いつも下らんって? ほっといて下さいな)

僕ら色男をライバル視して皮肉で「みたむなくにひこ(三田村邦彦)」などと言っとりました。(対象がチト古すぎ?ですね‥)
┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: げなげな話 | 2009年11月16日 (月) 00時14分

> 若い娘のくせにいつもいつもそげなかつこうして、
・・・て言われるていうことは、元気もん、普通の人よりかは行動的でオシャレなかっこしとんしゃったっちゃなかですか。一歩先行くとがお母さんやらには奇異に感じられたとかもしらんですね。時代が時代やけんなおさら、とんぴん跳ね返りのhanazonoさん(^^;に見えたとやろかな。

投稿: MISTAKER | 2009年11月13日 (金) 23時33分

みたむなか、との右総代が誰あろう、この大婆ですたい。話せばながうなるばつてん、山登りの帰りに熊本の母のいとこの所ば尋ねたら、夕方で薄暗かつたし、相手の婆ちゃんも年のせいで目が薄いせいもあつたかして、ちょつと間を置いて「まあー あんたかいたー、鶏のエサ売りさんかと思うたばいた」と。帰つて母にこの話ばしたら、「みたむなかかっこうして、大きなリュック担いどつたら鳥のエサ売りに間違はれても仕方無かっ、若い娘のくせにいつもいつもそげなかつこうして、たいがいにしたらどうねっ」。って雷を落とされて。

投稿: hanazono | 2009年11月13日 (金) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/46751323

この記事へのトラックバック一覧です: みたむなか:

« 今日感テレビ「こんなの」でした | トップページ | どん »