« 松葉箒(まつばぼうき) | トップページ | どうして »

2009年10月17日 (土)

びったりもん

未収録語シリーズ 百弐。びったりもん。
『ええい この びったりもんが たいがいで おもたか しりば うごかさんか』『しょうがなかねえ ぼちぼち びったれおどしも ふこうけん こしあげろうたい』「ええいもう、このなまけものめ。いいかげんに重たい尻を動かさないか」「しょうがないわね。そろそろ(びったれおどし)も吹くころだから腰を上げましょうか」

【びったりもん】なまけもの。ずぼらなヤツ。ずぼらなこと。不精横着エトセトラ。びったり・びったれ・びったれもんともいいます。「消滅寸前博多弁事典」には収録しとりましたが、この「へっぱくBLOG」には項目たてとらんやったし、あたらしい語源候補が見つかったけん、ちっと追加で書きよります。
もともとは服や着物をだらしなく引き垂れることから来たとやろて考えとったとですが、今回「いびたれる」語源説(能古島の方言:石橋綜平)があるとを知りました。なるほどと感心しとるとこです。「いびたれる=居浸れる」、辞書的には居座って動かないこととなるとでっしょうね。
【びったれおどし】だいたい今ごろの季節(10月終わりごろから11月にかけて)に吹く強い風をいうごたります。冬が近づいて来よるばい早ー冬の準備ははじめやいというわけですたいね。

で、そんな「びったりさん」には便利いい、なんでも揃う(とかどうかは?ばってん)「西新中央(リヤカー部隊)商店街」の写真をば。だいぶ昔に撮ったもんでご容赦。

Bittare01

|

« 松葉箒(まつばぼうき) | トップページ | どうして »

コメント

> 真冬のごたー、冷たい日がある
昔の日本人は季節季節に応じた生活ばしてきとーけん、普段感覚も敏感ちゃ敏感ですたいね~。それにくらべて、人も自然そのもんも季節感の乏しゅーなっとるけんですね~、夏やら冬やらわからんごたる日々の連続ですたい。
若者の服装だけみても、真夏でもマフラーやらショールを巻いてブーツ履いとるしですね~、なにをかいわんや・・・であります。
あ、そうそう。真冬でちゃ、たまにホットパンツ(死語が出てきた=短パン)、太股むきだしの子が居るけん目の保養にゃなりますばってんが(^^;

投稿: MISTAKER | 2009年10月19日 (月) 21時14分

> 「びったれィ~びったれィ~」(ヒットパレードの曲)で
ははは。だいたい予想のつきそうなコメントんときもありますばってが、今回は想定外のまた大外でした。
面白か発想ばしんしゃるな~。感心させられました。ザ・ビーナッツの世代でもなかろうに、ほんと降参ばい。自分も負けんごと、ダジャレでちゃ幅広ーネタと技を磨かんといかんな~。

投稿: MISTAKER | 2009年10月19日 (月) 21時02分

びったりおどし、久しぶりに聞きましたあー。
秋も終わりの頃でまだ冬にはなりきっておらんとに、真冬のごたー、冷たい日があると、大人達が「あー、びったり脅しやー」って言いよりました、そして「冬の用意は出来とうとね?」これ毎年聞いて育ちましたので、忘れられん言葉です。

投稿: hanazono | 2009年10月19日 (月) 04時41分

「びったれ」

久ァしぶりに聞きました。

小学生の頃「びったれィ~びったれィ~」(ヒットパレードの曲)で”びったれ判定”された奴を囃したてておりましたっけ。

注:イジメではありまっしェんから。

投稿: げなげな話 | 2009年10月18日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/46507721

この記事へのトラックバック一覧です: びったりもん:

« 松葉箒(まつばぼうき) | トップページ | どうして »