« があがあ | トップページ | いしたたき »

2009年3月14日 (土)

かいる

『なんな もうかいるとな どこさいか よらないかんと』『うんにゃ そういうわけや なかばってん かいるが なきよるごたるけん かいるったい』「なんだ、もう帰るのかい。どこかへ寄らなきゃいけないのかい」「いや、そういうわけじゃないんだけれど、カエルが鳴いているみたいだから帰るよ」

【かいる】今さらながらの博多弁て感じもせんことなかですばって「かいる」。帰る・蛙の「え」がイ音便化したもんですたいね。広辞苑にも同じことが書いてあるけん、この訛り方は博多だけやなかとでしょうね。意味に変化はなかです。例文の「どこさい」も、どこさえの訛り。ただしこっちは他所では言わんかも・・・。

んなら、博多での使用具体例を画像でご案内。博多じゃ「書き文字」も訛るとのごたります。ははは。

Kainsyai

粕屋郡篠栗町の若杉山「若杉楽園」からの下り口の立て札。なんか良かね。

|

« があがあ | トップページ | いしたたき »

コメント

ほう、そげん「やかましや」さんのおんしゃったですか。手土産でん持ってきんしゃら少しは説教聞いてやっても良かとですがね~、せからしかばっかしじゃ、そら家中のホーキを集めてこーごとなります。
あんまし人に嫌われるごたる歳のとり方せんごとしとかないかんですね。どっちかというと自分も文句垂れやけん、自戒(^^;

投稿: MISTAKER | 2009年3月15日 (日) 08時15分

口やかましか叔父が来て、大体この叔父はうちたちの顔ばみたら、もう、がみがみと説教ばつかりして、相手になっとるとも、やおいかんっかつた叔父で、「おれは、もうかいる」と言うて立ち上った時のうれしかつた事。 先の「があがあ」の時も、この叔父の事をなんであんなに人にイヤな事ばっかり言うとったとかいなあーと思いだしとりました。ホーキばさかさまに何べん立てた事か。

投稿: hanazono | 2009年3月14日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/44340114

この記事へのトラックバック一覧です: かいる:

« があがあ | トップページ | いしたたき »