« ゆがく・いがく | トップページ | ぶっかける »

2009年2月14日 (土)

ちゃかぽん

未収録語シリーズ八十五。ちゃかぽん。
『きゃんぷれぽーとの てれびで ありよるばってん ことしのほーくすな どげんやろかね きょねんのごと ちゃかぽん まけんどきゃ よかっちゃけど』「(プロ野球の)キャンプレポートがテレビで放送されているけど、今年のホークスはどうなんだろうね。去年のようにめちゃくちゃ負けないといいんだけどね」

おー、ちゃかぽん。おー、チャカポン。ちゃかぽんがあったかぁ!
この「ちゃかぽん」を例文のような感じで思い出したとき、「さすが博多生まれの博多育ち=博多弁の宝庫=自分」という思いを(うぬぼれとか思いあがりといったことではなく)強くしました。他人同士の会話から新しい博多弁を見つけることはそうそうないとですが、自分自身が絡むか、あるいはひとりごとでこうした未収録語を発見することは多いです。

【ちゃかぽん】目茶苦茶なこと。ぜんぜんダメなこと。相手にならないこと。ひどく弱いこと。
語源としては、いろいろ考えられるとですが、
1)ちゃかちゃか:気ぜわしいこと。派手で賑わしいこと
2)めちゃくちゃ・むちゃくちゃ・しっちゃかめっちゃかの訛り
3)ちゃかぽこ:楽器などの擬音。うるさく騒がしい意味か
4)江戸時代の関西流行語。ちゃかぽこ=馬鹿・阿呆の意味。馬鹿みたいにやられること?
へっぱく流やと4かな~という気もするとですが、よーわからんです。

語源説追加~!
5)逆鉾:あべこべなことから。逆にやられてしまうこと(この項目へもろーたコメントへのだじゃれ返しを考えよったら突然思いつきました)。

ネタ画像ネタアイデアが今日は浮かばんやったけん、こげなリンク先にご案内いたしておきます。

ちゃーんちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃん!http://www.youtube.com/watch?v=e0uT3zi4lIQ

|

« ゆがく・いがく | トップページ | ぶっかける »

コメント

> 気が付いたら使ってますもん。
ありがとうございます。二人目の証人ができました。あんまし実証例が見つからんでもすこし裏づけの欲しかな~て思うとるとこでした。
> ご当地緩キャラ
これは某広告代理店関係者にチラっと「なんかつくってみらんや!」てそそのかしちゃ居るとですばって「あんまし金にはならんかも」でボツのごたります。

で~、いつものごと、げなげなさん専用の「だじゃれ返し」を考えよったらですね、こっちを思い浮かべる前に、本筋の語源説の方がいっちょヒラメいたです。よか発想ばもらいました。おおきにであります。
「ちゃかぽん=逆鉾」。あべこべにやられてしまうこと・・・どげんでっしょうかね。悪くなかかも。

投稿: MISTAKER | 2009年2月16日 (月) 07時56分

「ちゃかぽん」 言われてみれば博多弁 ですね。

気が付いたら使ってますもん。

ここでいっちょ「博多オリンピック」でも誘致して、ご当地緩キャラとして「ちゃかぽん君」なんてのはいかが?  くっつかれたら、ちゃかぽんに成るって選手が逃げまわったりして‥


投稿: げなげな話 | 2009年2月16日 (月) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/44052883

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃかぽん:

« ゆがく・いがく | トップページ | ぶっかける »