« ぐらりする | トップページ | へずる »

2008年11月15日 (土)

とう

未収録語シリーズ七十九。とう。
『そげんして とうば むしって ばっかしやけん きずの いっちょん なおりめえが』「そんなにかさぶたをむしってばかりだから、傷がちっとも治らないだろう」

【とう】かさぶたのこと。瘡蓋という漢字を当てるごたります。早い話が傷の蓋ですたいね。で、どこから「とう」やらいう音が出てきたかと推理すると、種痘・天然痘やらの「痘」。あるいは、蕗の薹(ふきのとう)の「薹」とかが考えられるごたります。こっちは塔の意味やろかな。それと、たしか、うろ覚えですばって、邪馬台国の台の字に、こげな「薹」の字ば当てとった説もあったっちゃなかでしょうか。小さい字やとよーわからんけん大きくしときましょうかね。

To

とても書けんね。え~、それから、自分は使ったことのなかとですが、おなじ意味の言葉で「つ」ば使う人も居んしゃるですね。たとえば「そげんツばいじりまわすもんかい。ほらまた血がにじんで来よろーが」なんて。こっちは筑後弁やなかかと思うとるとですが、どうも博多でも使われよるような気もしてきとります。どげんですか、「とう」と「つ」とどっちば使いよんしゃるね?!

う~ん、それにしても最近は最後の〆のネタが出てこんわい。しょうがなかけん、こげなとでも。

Kurobuta

かさぶた・・・ならぬ黒豚(^^; 可愛いやろ。

|

« ぐらりする | トップページ | へずる »

コメント

> 親から自然に落ちるまでいじくらんとー、
> と言はれながら途中ではがしてみたりして。
まったくもって自分もそうですたい。今でもすぐいじりまわって、最後にゃむしりとりよりますもんね。治るまで待っときゃ良かとにですね~、絶対待っときらんです。

黒豚くん、かわいかでっしょう。住宅街の狭か道ば歩きよったら、この写真の位置から急にブフォブフォ!って話かけて来たとですよ。一瞬びっくりしたあと、おおおおお~!お前、何や~!と大笑いしました。

投稿: MISTAKER | 2008年11月22日 (土) 09時59分

黒豚のキャラクターに大婆は惚れ惚れしてしもうたとです。そういやー、子供の頃はほとんどが、ジャリで固めた道やつたけん、道が遊び場でいつも何処かすりむいたり、切つたりしては、ツバばつけるか、家に走り帰つてアカチンぬるかしてまた飛び出しては遊びほーけとつた事でした。今みたいに、バンドエイドとやら言うもんは無かつたけん、傷口がだんだん癒えてきてとうのできるとばみてたもんですが、親から自然に落ちるまでいじくらんとー、と言はれながら途中ではがしてみたりして。

投稿: hanazono | 2008年11月22日 (土) 03時37分

> 久留米に住んでいた時期があったらしいので
筑後弁説
そのへんの判断が難しいとですよね~。うちゃ博多生まれの博多育ちばい他所の言葉やら知らん・・・ていう爺ちゃん婆ちゃんでちゃ、いつのまにか無意識のうちに他所の言葉癖がついたりやらいうことのあるけんですね~。

うちん女房の婆さんは川端のごりょんさんやったとですが、自分が方言ば調べだす前に、話ばいろいろ聞く前に死になったし、そん娘の女房の母親は呆けなったしで(^^;、せっかくの研究環境やったとにもったいないことしとります。

投稿: MISTAKER | 2008年11月17日 (月) 01時24分

うちは「つ」ですね~
一時期祖父の仕事の都合で久留米に住んでいた時期があったらしいので
筑後弁説が正しいのかも?とも思うけど
相方は生粋の博多なので帰宅したら聞いてみますね☆

投稿: ぼたん | 2008年11月16日 (日) 19時55分

> どちらも、「すぐとうのはる」 なんちって~
う~ん、そう来たか!。
すぐ唐原か?
きゃぁ!お香椎!
ぐらいしか返せんばい。ひねりにひねってこげなと。
今年の流行語大賞候補。ささやき女将の「頭の中わ白ーなって・・・」といいなさい。

投稿: MISTAKER | 2008年11月16日 (日) 08時49分

「とう」は標準語ではなかったとですね。
勉強になりました。(謙虚でしょ)

ちなみに、傷がすぐ治るのは福岡の何処でしょうか?


答え:和白と香椎花園前down
http://ekidoraku.hp.infoseek.co.jp/tonoharu.html

どちらも、「すぐとうのはる」 なんちって~

投稿: げなげな話 | 2008年11月15日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/43119061

この記事へのトラックバック一覧です: とう:

« ぐらりする | トップページ | へずる »