« お神さま | トップページ | ぼうふり »

2008年8月14日 (木)

筑紫恋し

『つくつくぼうしんことば つくしこいして いうところの あるげなばい』『そら くつくつぼうしやら はんたいいうとこも あるっちゃけん めずらしなかろ』『うんにゃ そげなこっちゃのーて つくしこいしな ちくしんくにがこいしかて いういみかったい』「ツクツクボウシのことを筑紫恋しというところがあるらしいよ」「それは、クツクツボウシと逆に呼ぶ所もあるくらいだから、珍しくもないだろう」「いやそんなことじゃなくて、筑紫恋しは筑紫の国が恋しいよという意味なんだよ」

はい、本日は「へっぱくBLOG」臨時便ですたい。博多弁というわけじゃないとですが、時節と博多絡みということで書いてみよります。

【筑紫恋(つくしこい)し】つくつく法師の異名。
江戸時代の全国の方言を集めた「物類称呼」という本(絶版:岩波文庫)のなかに、◆以下引用:蛁蟟(難しい漢字たい:ちょうりょうて読むとのごたります)=つくつくぼうし・・・近江にてつくしこひしと云◆とあるとですね。
京なり江戸人がわざわざ筑紫を恋しがるというとも頷けん話やけんですね、これは筑紫から近江あたりに単身赴任(^^;した人が故郷を想って・・・と考えるとが普通かもしらんですね。恋し焦がれ過ぎてツクツクボウシになってしもーたとかね。こげな風に解釈すると面白いかろう?

ツクツクボウシの鳴き声がどげん聞こえるかはそれこそ全国いろいろのごたります。こちらが詳しいごたります。http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa439715.html

あ、それと、筑紫と土筆と法師と胞子。これもなんか関係しとるごたるでしょ?これはまた別の機会に書くつもりですばって、本日は「言葉ちゃ、方言ちゃ、つくづく(^^;面白かですね」というしょうもないダジャレで終わっときます。

|

« お神さま | トップページ | ぼうふり »

コメント

> いろんなことご存知ですね。
いや、本人は何も知らんとですが、なんとなく探し物の上手・・・なとこはあるかもしらんです。なんやらかんやら探し出してきては「知ったかぶり」しよるだけです。

投稿: MISTAKER | 2008年8月18日 (月) 03時39分

「ツクツクボウシツクボウシ・・・」と子供のころ歌っていたような気がします。
【筑紫恋(つくしこい)し】つくつく法師の異名。とは知りませんでした。
それにしてもMISTAKERさんっていろんなことご存知ですね。また、勉強に来ますね。

投稿: ミセス肥後椿 | 2008年8月17日 (日) 19時49分

自分も熊本のツクツクボウシが「ツクイッショー」やら鳴くて知らんやったですよ。
戦時中を題材にした映画やら漫画に出て来る「一升瓶の玄米つき」を想像しました。

投稿: MISTAKER | 2008年8月15日 (金) 10時23分

>【筑紫恋(つくしこい)し】つくつく法師の異名。
知らんだった~。

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa439715.html
聞きました。ありがとうございました。

投稿: リリー姫 | 2008年8月14日 (木) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/42164818

この記事へのトラックバック一覧です: 筑紫恋し:

« お神さま | トップページ | ぼうふり »