« うっぽんぽん | トップページ | おしかさんpart2 »

2008年6月 9日 (月)

ぼた山

えっ、これも方言?シリーズ二十七。ぼた山。
『ばばさんな どこ いきなったとな』『うらの ぼたやまさい しょうけ もって しぇきたん ひらいに いきなった ばい』「お婆さんはどこへいらっしゃったの」「裏のぼた山へ篩(ふるい)ざる持って石炭拾いに行かれましたよ」

先日の「蓮根食う」項目んとこで、mikoさん(Pretty Squaresサイト主宰者)から、
> ボタ山って九州だけの呼び方なんですってぇ?
> 他所ではズリ山とは、知りませんでした。
・・・という、コメントもろーて、
「ぼた山」が方言やら、「ずり山」なんて同義語があるやら想像したこともなかったもんやけん、
ええええええ~!!!!!嘘やろもん!ぞーたんやなかと?!!!でした。

で、「ぼた山」が全国共通語でないこと、他所では「ずり山」と呼ぶ地方があること、そしてその周辺を調べてみたとですが、う~ん、たしかにmikoさんのお教え通りでありました。ほんなごと、今もって信じられん感じばい(^^; 以下、日本国語大辞典から引用。

【ずり(砕)】鉱山で掘り出された鉱石中に含まれる価値のない岩石、鉱物など。(中略)特に、北海道地方の炭鉱では、掘り出された岩石や屑石炭をいうが、九州地方ではこれを「ぼた」という
・・・と明快であります。
【ぼた】炭鉱で、石炭採掘に際し、いっしょに掘り出された岩石や、選炭後の屑石炭をいう。特に九州地方を中心に用いられ、北海道地方では「ずり(砕)」という。
まさに、この国語大辞典では、逆も真なり・・・という感じで、九州語vs北海道語はどちらも五分五分の扱いがされとります。
え~、そうそう。映画「フラガール」の舞台になった常磐炭鉱では「ずり」「ずり山」やったごたーですね。映画んなかにそげなセリフは出てきとらんやったとかな。どうやろ?!もっぺんDVD見て確かめときましょう。
もいっちょ、おまけ。語源的なもんもちっと当てっぽすしときましょうかね。「ずり」には、物を運ぶ広い板・山から切り出す木材を落とす道・・・などていう意味のあるげなです。あとは削(けず)り屑とかも考えられまっしょうか。一方の「ばた」は、燃えさし・燃え尽きないで残った木という意味の「ぼたくい」という言葉からの変化とも考えられます。また、ぼろ布・わら屑のこともいうようですたい。このへんに由来があるごたーですね。後は、「おいちょかぶ」で役にたたない「ぶた」などはどげんですか。関西の炭鉱やったら「放(ほた)る」もアリやろばってんね。
【ぼた拾い】ぼた山に捨てられ積み上げられた屑石炭の中から、使用可能な石炭を選りだし家庭用に持ち帰ること。
【しょうけ】編み目の荒い竹ざる。
【しぇきたん】石炭(せきたん)の訛り。生石(なまいし)という人も居ったごたります。

はい、ほんなら、九州屈指の炭鉱やった(粕屋郡志免町の)志免鉱業所のぼた山と立抗櫓は今でも健在(というかどうか?)やけん、ご覧にいれましょう。炭鉱跡の詳細はこちらでどうぞ。

Botayama

|

« うっぽんぽん | トップページ | おしかさんpart2 »

コメント

> 姪浜には早良炭鉱があり
小戸のぼた山はなんとなく覚えがあるとですが、ただどっかの山とごっちゃになっとるかもしらんです。一方、石炭積み出し用の桟橋は昭和の終わり頃まであったっちゃなかでしょうか。こっちは、カレイ釣りに行って「なしてこげなとこに桟橋が?」と不思議に思った記憶があります。
愛宕神社下の炭鉱は、高倉健の映画「網走番外地:悪への挑戦」の主舞台になっとったごたります。

投稿: MISTAKER | 2008年6月12日 (木) 01時25分

市内にもボタ山というか炭鉱がありました。
中でも姪浜には早良炭鉱があり、確か愛宕神社の方からトンネルを通って行きました。筑肥線姪浜駅の周囲は、鉱害で田圃が何時も水浸しでした。他に鳥飼、弓馬場、板付にもあったかな~。何故知っているでしょう?(><)
今市内にボタ山が残っていたら、市民も少しは気風が良いかと思います。嗚呼、人口40万人の頃の静かで、お互いを思い遣った博多が懐かしい。(´;ェ;`)ウゥ・・・

投稿: おきゅーと | 2008年6月11日 (水) 10時44分

> 実際に見たこつはなかつばってん
そうか、熊本ん方の炭鉱は有明海の海底やもんね~。それでぼた山はなかとかな。それとも陸上に持ち上げてきて、どっかやっぱ屑山が出来とるとやろか。あんまし考えたことなかったけん、わからんですね。

投稿: MISTAKER | 2008年6月11日 (水) 01時55分

> 足袋が黒ーくなつて往生したことでした。
そんかーし、黒ダイヤ羊羹やらご馳走になったっちゃなかですか?時代が違うかいな。
飯塚やら筑豊の方はそれこそ菓子屋の名門ばっかしあるけんですね~、甘党には堪えられん町でしょうたい。
そういや、飯塚の、柳原白蓮に駆け落ちされた(^^;「伊藤伝右衛門旧邸」ば見に行ったときに、玄関で倒産したとばかり思うとった四宮の成金饅頭が売りよったとにびっくりしました。

投稿: MISTAKER | 2008年6月11日 (水) 01時53分

>ぼた山
実際に見たこつはなかつばってんなんか懐かしか~。

投稿: リリー姫 | 2008年6月10日 (火) 22時27分

ボタ山、! なつかしかあー。親戚のもんが炭鉱技師で飯塚に住んどつたもんやけん、よー行ったとです。お正月に着物に白足袋でボタ山の近くを行ったら、足袋が黒ーくなつて往生したことでした。ズリ山って言うとはしりまっせんでした。

投稿: hanazono | 2008年6月10日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/41476699

この記事へのトラックバック一覧です: ぼた山:

« うっぽんぽん | トップページ | おしかさんpart2 »