« げんたい | トップページ | 博多どんたく「雨のジンクス」「雨がつきもん」 »

2008年4月19日 (土)

ぼくたん棒

『そん ぼくたんぼうな ひきとん つっぱりにゃ ふとすぎらんな ようじんぼうに しとくが よかばい』「そのこん棒は引き戸のつっぱり棒には太すぎやしないかい。用心棒にするのがいいよ」

「ぼくたん棒」。たぶん、ネット検索かけても、この「へっぱくBLOG」か、単純明解博多弁事典しか引っ掛からんでしょうや。それくらいに貴重(というかユニーク)な博多弁ですたいね。

【ぼくたん棒】こん棒・丸太・杭。手にできるくらい(バット大)の木材。語源としては朴太棒(ぼくたぼう)。例文のぼくたん棒の「ん」は、丸太ん棒の「ん」と同じ用法。
【朴】手を加えていない材木。素朴・朴訥・質朴の朴ですたいね
【用心棒】時代劇やヤクザ映画でおなじみの用語ですが、もともとは盗賊などを防ぐ用心に備えておく棒のことですばい。

はい、では、そのぼくたん棒の写真。

Bokutanbo_5   

素浪人は落ちていた木切れを拾い、一二度素振りをくれてやると、「ちょっと痛いぜ」と笑った・・・なーんちゃってね。

|

« げんたい | トップページ | 博多どんたく「雨のジンクス」「雨がつきもん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/40919242

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくたん棒:

« げんたい | トップページ | 博多どんたく「雨のジンクス」「雨がつきもん」 »