« たこのばっちょう | トップページ | よき »

2008年3月21日 (金)

もやしもん

未収録語シリーズ六十三。もやしもん。
『もくたんに いっちょん ひが つかんっちゃが こっぱでん しんぶんしでん よかけん もやしもんば もって きちゃれ』「木炭になかなか火がつかないよ。木切れでも新聞紙でもいいから燃える物を持って来てくれ」

♪マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つきにくい♪ (吾亦紅byすぎもとまさと&ちあき哲也)なーんてね。

【もやしもん:燃やしもん】例文では着火材料。一般的にゃ燃料(材の一種)になるとかな。若い友人たちが、なんかコミックかなんかの話で「もやしもん」「もやしもん」て連発しよったけん、「何?それ」で思いついた話ですたい。若者たちの「もやしもん」はコチラ。  ちなみに、こん人たちに「火つける(もやしもん)てなんかわかる?」て聞いたらぜ~んぜん「?!って顔」でした。んなら「たきもんは?」でも「ん?!」でした。寂しかね~。
【こっぱ】木端・木っ端。木の端きれ。木切れ木片のこと。「木っ葉」と書くと、木の葉っぱのように「軽い、とるに足らぬ」でちょっと違う意味になるとかな。
【たきもん】焚くもの。焚き木・薪(たきぎ)・薪(まき)のこと。

じゃ、あんまし目にせんごとなった、その「たきもん」写真ばお見せしときましょう。数日前の写真ですばい。ちゃーんと現役の「たきもん」

Moyasimon

こげん立派に割れた「たきもん」見ると、七人の侍の千秋実ば思いだしますばい・・・と、わざとカルトネタを振ってみたりして。

|

« たこのばっちょう | トップページ | よき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/40587756

この記事へのトラックバック一覧です: もやしもん:

« たこのばっちょう | トップページ | よき »