« さっさば | トップページ | ちゅういり »

2007年12月19日 (水)

博多練酒

博多の食いもんシリーズその十六。博多練酒。
『なんかな むかーし たいこうさんが のみよった ねりざけて いうとば ふっかつ させたげなばい』『そら しっとるばい はかたねりざけていう しろざけやろ』「なにやら昔太閤秀吉が飲んでいたという練酒を復活させたらしいね」「それは知ってるよ。博多練酒という白酒のことだろう」

旧奈良屋(現博多)小学校んにき(豊国神社横)ば歩きよったら、旧町名(奈良屋町)石碑が立っとりました。

Nerizake03

石碑には、旧奈良屋番:練酒の奈良屋九郎兵衛がいた 神屋宗湛の屋敷跡が現小学校・・・と書いちゃります。酒の一文字にすぐ反応してしまうとが呑み助の性ちゅうやつですたいね。

◆本日のキーワード◆
【練酒】清酒に蒸した糯米と麹を加え貯蔵発酵させ、石臼でひいて漉したもの。白酒の始まりで、博多産のものが有名であった・・・と広辞苑にも項目の出とります。
いつもの筑前国続風土記には、◆其色練絹の如く成故に練酒と稱す。其しぼりてこしたるを練酒と云。・・・此酒世に名有て、他邦に甚珍賞す。他國の酒屋此酒を學びかもすといへ共、其味甚おとり、博多の産に似ず◆と益軒先生はいつものように博多自慢をしとんしゃるです。

Nerizake01

はい、これが、「博多練酒」ですたい。チラッと酒屋やらスーパーやら探したとばってん、見当たらんやったもんやけん、蔵元の「若竹屋酒造場:田主丸町」に聞いて、中央区桜坂の「ラ・パレット」で買ーてきました。どげな肴が合うかわからんもんやけん、とりあえず細ネギの軸ば焼いてみました(変な思いつきやね、われながら(^^;)。結果は、「お、良かやない、酒も肴も」でした。
さて、その味はというと・・・、そうですたいね~、この酒の味ばどげん表現したらよかとか、これもむずかしかね~。韓国のマッコルリを濃ゆーした感じ?和風ヨーグルトていうか、そげな感じ?ま、早い話が、甘酒を濃くねっとりと舌触りを良ーしたごたーもんですかね。説明の悪ーてすんまっせんね。文句のあるなら(^^;自分で買ーて呑んじゃりね(なんじゃこの開き直りは(^^;)。
いや、説明は難しかばってん、味わいは簡単明解で上等でありました。ただしこれじゃ酔えんばい。度数は五度やけんですね、酔えんっちゃけど、うまかとは間違いのなかです。買ーたときは、500MMで1575円ちゃ、ちょっと高かと思うたですばって、こんくらいの価値はあるごたります。正月のお屠蘇に飽きたら、こげな練酒も良かとやなかですか。意匠やら包装もシャレとっておめでたい席にも合いますばい。

|

« さっさば | トップページ | ちゅういり »

コメント

> 月刊はかたと言う雑誌の壇太郎さんのコラムに博多練り酒が紹介されてましたよ~
お、ありがとうございます。チェックしときますです。
自分の料理好きは父ちゃんの檀一雄の檀流クッキングから始まっとるとですよ。女優じゃ「ふみ」が一番好きという檀かぶれ(^^;です。
> 月刊はかた
実際手にしたことない本やったけん、webでちょっとチェックしたみたら、がんこ堂さんもレギュラー執筆者に入っとるとですね。食い物ネタが多い本やろかな。どっかで立ち読みしてきまーす。おおきにさんきゅ~でした。

投稿: MISTAKER | 2007年12月28日 (金) 23時59分

月刊はかたと言う雑誌の壇太郎さんのコラムに
博多練り酒が紹介されてましたよ~

投稿: ぼたん | 2007年12月28日 (金) 10時36分

> うちは100%完全下戸ですたい
人それぞれですたいね。自分の女房が同し完全下戸で屠蘇もしかーとなめきりません。飲めん人に「酒と肴ば買ーてこい、つくっちゃりやい!」言うても、どげなもんが良かかやら無理な話ですたいね。そやもんやけん、結婚当初から肴は自分で用意しよったとが今に続いとるわけです。もしかしたら台所に立っとる時間は、嫁さんよりも自分の方が多いっちゃなかでしょうか。

投稿: MISTAKER | 2007年12月21日 (金) 20時40分

> これ甘いですか?
う~ん、甘いといや甘い・・・とですかね~。ただ、なんかわからん糖分添加された酒の甘さとは違うごたー感じはしとります。後味は悪くなかです。

例えがいいとか悪いとかわからんとですが、それこそ大昔にアサヒのドライを飲んだときに「あ、これはビールやなか!」と思うた感覚(反発)と近いもんがありました。今回は「練酒は酒やなか!」という感じ。ただし、こちらは良い意味での意外性ですね。不思議な食べ物飲み物といったような・・・。やっぱし、なんか説明になっとらんですね。すんまっせん。

肴は、野菜系(豆・芋・大根なぞ)が合うような印象であります。お試しくだされませ。

投稿: MISTAKER | 2007年12月21日 (金) 20時31分

うちの両親は両方とも下戸の家系で、そこから呑み助が出てくるわけもないけん、うちは100%完全下戸ですたい。そいやけんお酒のコメントが出来るはずもなかとばつてん、いつぺんでよかけん、クダまく位のんでみたかー、何時も美味しそうに飲みよんしゃる人ばつかり見よるとも、はがいかっ。 この練酒ってはじめて知りました。

投稿: hanazono | 2007年12月21日 (金) 08時35分

これ甘いですか?アルコール類が甘いのは
口としては受け付けないんだけど
ネギ焼きとの相性が気になるぅぅぅ~ところです

投稿: ぼたん | 2007年12月21日 (金) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/17422145

この記事へのトラックバック一覧です: 博多練酒:

« さっさば | トップページ | ちゅういり »