« ぬたえ | トップページ | きすご二尾目 »

2007年11月28日 (水)

かつを菜

博多の食いもんシリーズその十四。かつを菜。
『あんまし くれのせまらんうちに かつをな こーとかなばい たこーなるし うりきれんなったら おおごとやけんね』「あまり年の暮れが迫らぬうちに、かつを菜は買っておきなさいよ。高くなるし、売り切れてしまったら大変だからね」

◆本日のキーワード◆
【かつを菜】博多雑煮につきものの青物野菜。濃い緑色をした縮み葉のおおきな葉野菜。アブラナ科で高菜・からし菜の仲間。ただこの菜っ葉を定義するとはなかなかに難しいとです。まず、「かつを」か「かつお」か?! かつ「お」菜と書くことも多かですもんね~。どっちが正解かわかりまっせん。他にかちゅう菜・かつぶし菜というとこもあるごたります。語源説の方も、鰹節の味がするからとか、鰹節に負けないような出汁がでるからとか、何にでも勝お菜とか(^^;いろいろあります。

福岡大同青果のHPには、昭和24年に福岡県箱崎の木村半次郎氏が「広茎かつを菜」として品種登録され、博多のお正月のお雑煮に欠かせない食材にしているかつを菜は、木村氏の手によって作られたものです・・・とあるけん、品種名としては「広茎かつを菜」でよか気もしとります。実際に、平田ナーセリーで試しに買ーてみた「かつを菜の種」もそげん書いちゃりました。

Katsuwona02

・・・と、なると、「かつを」の由来は、案外と、この木村さんの縁のある人の名前やったりして・・・(違)。それと、実際には、戦前から雑煮に使われとったとやろうけんですね、そうなるとまた、この同定作業で正しいとかどうか・・・あやふやになるとですたいね。

ま、どっちにしたっちゃ、「食べんとわからん」ということでお開きにいたしましょう。雑煮ばっかしやのーて、他の汁物やおひたし・漬物にしたっちゃおいしかけん試してみんしゃると良かです。

Katsuwona_2

これでだいたいのイメージがつかめるっちゃなかですかね。けっこう大きか菜っ葉でっしょうが。

|

« ぬたえ | トップページ | きすご二尾目 »

コメント

> するめとこんぶの細切り
> ごぼう・飾り人参
やっぱ雑煮ですたいね~。雑煮に限っちゃホント標準仕様ていうとがなかごたるですね。面白か食べもんですたい。

ちょっと昔の本(筑前国続風土記)で「鰤」を調べよったら、この前、ぼたんさんちで見た大物「ひらまさ」のことが書いてあったけん引用しときまっしょう。鰤項目ん中の一文。
◆叉平簀と云魚有。鰤に能似て大なり。味おとれり。然れ共味淡くして、性はぶりにまされり。病人に妨なし。其小なるをさうじと云。◆げなです。自分やらヒラスの方がうまいて思うとですばってんね。ここでの「性」ちゃ何やろかな~と考えよるところです(^^;。

投稿: MISTAKER | 2007年12月 3日 (月) 23時36分

これがないと雑煮にはなりまっせんもんね
うちの実家はあごだしで、するめとこんぶの細切り・塩で締めた鰤・かしわ・かまぼこ・丸餅(湯で伸べたもの)・かつお菜ですね
相方の実家は上記プラスごぼうのささがき・飾り人参(梅の型抜き)も入ってました

投稿: ぼたん | 2007年12月 3日 (月) 10時10分

> 何しろ食料難が大分永がかつたもんやけん
そうか、その時代があるとですね~。雑煮どころの話やなかったとですね。そやもんやけん、なおさら雑煮の内容やら形が変わってきとる部分もあるとでしょうね。よかこと聞きました。ありがとうございます。良かヒント。良かヒント。

投稿: MISTAKER | 2007年12月 3日 (月) 01時39分

今日、弟が電話してきよったもんやけん、カツオ菜の種の話ばしておきました。 お雑煮の事ば思い出してみようとばってん何しろ食料難が大分永がかつたもんやけん、もう間に合わせの寄せ集めやつたごたーです。魚はブリと聞いたごたーですけど、たら、や かしわ、やったりでした、他はとうふばいれたかどーか、入れたとしたら焼き豆腐やなかつたかいなー。野菜はカツオ菜、大根(これは雑煮椀の底に敷くため)里芋、ごぼう、等まだ他のもあつたごたるけど、ようおもいだせんとです。餅は煮餅(鍋にだしこんぶを敷き、茹でる)とにかく博多のはにぎやかなお雑煮ですもんね。今の所これ位しか思い浮かびまつさん。

投稿: hanazono | 2007年12月 2日 (日) 13時21分

ああ、そうそう。hanazonoさん、写真のかつを菜の種はですね、生産地がなんとアメリカになっとるとです。それば輸入してコッチで販売しよるとらしかです。
こげなことなら、植物検疫やら関係なしに、種ばどっかで仕入れて(送ってもろーて)ご自宅でプランター栽培やら出来るっちゃなかでしょうか。そうは簡単にいかんとかな。なんかそのへんの流通経路が不思議でかつ面白かな~と思うたことでした。

投稿: MISTAKER | 2007年12月 1日 (土) 20時03分

> お雑煮にこれば入れな、なーんにも味がなか。
そうですたいね~。前もどっかで書いたかも知れんですが、博多の味・博多名産品はいろいろあるばってん、自分は「かつを菜」が博多の味の一番代表て思うとります。

hanazonoさんとこは、どげなお雑煮やったですか。いつごろまで、どげなとば食べよんしゃったか教えてもろーたら助かります。今「博多の雑煮の歴史」調べ(^^;ばしよるもんやけん、よろしゅうお願いいたします。

投稿: MISTAKER | 2007年12月 1日 (土) 19時26分

よっ 出ましたカツオ菜! これ面白かー野菜やなー、博多だけのもんやろうか、あれほど食い倒れの中国人の店でも見た事ない、お雑煮にこれば入れな、なーんにも味がなか。いよいよ12月、今でも「誓文払い」ばやりよんしゃるですか。?

投稿: hanazono | 2007年12月 1日 (土) 09時56分

江津湖の近くに熊本店があるごたーですよ。下の名前んとこにリンク貼っとるけんチェックしてください。いっぺん行ってみられると良かです。
かつを菜の種は、園芸のこと何もしらん自分でちゃ、種まいただけで手の平くらいまでは大きゅうなって食べられたです(ははは。これ以上は伸びんやった)。その点、プロのリリー家やと間違いなく商売モンくらいにゃ太くなるっちゃなかですかね。遊んでみらっしゃると良かですよ。

投稿: 平田ナーセリー | 2007年11月29日 (木) 01時45分

「かつを菜」て熊本にゃ売ってあっとだろか?
こがんちぢくれとっとはみらんごたる。
雑煮にゃ京菜ばいれよると。

「平田ナーセリー」どこにでんある店ね?

投稿: リリー姫 | 2007年11月28日 (水) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/17213712

この記事へのトラックバック一覧です: かつを菜:

« ぬたえ | トップページ | きすご二尾目 »