« あご | トップページ | うんすけ »

2007年10月24日 (水)

こーとねぎ

博多の食いもんシリーズその十。こーとねぎ。 
『ふぐ こーて くるなら おすもうの くるまえに しない ばしょの ちかづいたら ふぐも こーとねぎも たこーして かわれりゃせん』「ふぐを買ってくるならお相撲さんが来る前にしなさい。九州場所が近づくとふぐも香頭ねぎも高くて買えやしないよ」

昔から、九州場所が近づくと、相撲とりがちゃんこやタニマチの接待でふぐを食いまくるから品薄になり、価格が高騰して庶民にはとても買えないという会話が交わされよったとですが、最近はどうやろか? さて、今日の話題は、その高騰ならぬ香頭ねぎ。

◆本日のキーワード◆
【こーとねぎ】直径2mmくらいの香りの高い細身ねぎをいうとです。ふぐ刺しにはつきもんの薬味ですたいね。普通の青ねぎ・万能ねぎの二、三倍の値段がするけん、そうそうは使えんですが、たまに冷奴やうどんラーメンにも使わんこともなかです。まあ、ねぎは買えても、そう簡単にはふぐは買えんけん皮肉な話ですsたい。
博多じゃ、香頭ねぎ・高等ねぎ・こうとうねぎ・こーとねぎ・・・といろんな呼び方や書かれ方がされよります。語源は吸物にいれる(ユズの皮などの)薬味を意味する(香頭・鶴頭・鴨頭)から。
また、博多特産と思われとるようですが、元々はふぐの本場の下関安岡地区で栽培されよった「安岡ねぎ」が元祖やなかでしょうかね。そげん思うとります。博多の柳橋連合市場もふぐじゃ有名ばってん、下関唐戸市場にいくとスケールの違ーて、やっぱ度肝抜かれますばい。機会のあったら見てきんしゃるとよかです。

はい、では、こーとねぎ。

Koutonegi01

で、この香頭ねぎを何に使ーたかというと、ふぐは買えんけん、

Zyakoten02

こげなことして遊んでみました。かまぼこの薄造り(^^; うはははは~。

ま、おいしかかまぼこ(八幡浜からの取り寄せかまぼこ)やったら、ふぐの味は当然せんばってん、じゅうぶん酒肴にはなりますです。お試しくだされませ。騙されたと思うて・・・。けっこうおいしかけん。

|

« あご | トップページ | うんすけ »

コメント

> チイチイぶくばきれいに捌いて薄引きにするとトラフグに劣らんごと美味しかもんね
ソレですたい。その話は知っとるし、自分も包丁持つし、とくに小魚下ろし(出刃使うほどの大型魚は釣ったことがないけんという原因説もある)が得意やけんですね~、チーチーフグくらい、さばいとってもおかしゅうはなかとですが、実はこれは未経験なんであります。「なんとか危うきに近寄らず」ですたい。ゴンズイやらバリやらの毒魚は調理しますばってん、やっぱフグは万が一があるけんエズイです。けっこうエズガリで根性なしであります。

投稿: MISTAKER | 2007年11月 6日 (火) 01時56分

MISTAKERさんは釣りばさっしゃーけん良う知ってござろうばってん 通称「エサ取り」言うて嫌われとるチイチイぶくばきれいに捌いて薄引きにするとトラフグに劣らんごと美味しかもんね~ネギくらい張り込んでこーとネギにしたっちゃ良かろう?気分は大名たい(笑)

投稿: ぼたん | 2007年11月 5日 (月) 11時15分

ごぶさたしとりました。ご訪問ありがとうございます。
> 「こーとーねぎ」ってゆーとります。
「こーとーねぎ」も「こーとねぎ」も、ま、似たようなもんですが、これがやっぱそれぞれ地域や人によって呼び方が違うとですよね~。それぞれにこだわりのあってですね。この「こーとーねぎ」は「こうとうねぎ」ていう字面やないといかんていう、やかましおいさんやらが居んなるけんですね、なかなか表記も難しかです。おきゅーとも、さっちが「おきうと」「おきゅうと」てせいていうて、うるさばばさんたちのせからしかこつ(^^;ははははは~。

投稿: MISTAKER | 2007年11月 2日 (金) 15時25分

こーとねぎですかぁ
ココいら辺では
「こーとーねぎ」ってゆーとります。

投稿: 下駄屋見習い | 2007年11月 2日 (金) 11時24分

> 「香頭ねぎ」て聞いたこつんなか。
ほとんど「ふぐ専用高等ねぎ」になっとるごたります。
> かまぼこ薄造り
ポン酢と赤おろし(柚子胡椒でも可)と普通の細ネギでOKです。安いもんやし、お試しください。

投稿: MISTAKER | 2007年10月27日 (土) 07時37分

「香頭ねぎ」て聞いたこつんなか。

>かまぼこの薄造り(^^; 
うまかごつしとっね。


投稿: リリー姫 | 2007年10月27日 (土) 06時19分

> この柄はあんたには、こうと過ぎる。
> あの人はこうとかけん、ちょつと付き合いにくか。
自分は知らん言葉やったですばって、ちょっと調べてみたら、ちゃーんと実際に使われよったごたーですね。収録語がいっちょ増えますです。ありがとうございます。ふ~ん、こげな使い方されよったやら想像もせんかったです。

どうもゲサク(下品)の反対語のごたーです。意味としちゃもちろん「高等」から来とるとでしょうね。高等=上品という意味が出てきて、本筋から外れて地味という感覚が生まれてきたとやないかと推測しとります。
注:ゲサク=派手。こーとか=地味。

投稿: MISTAKER | 2007年10月26日 (金) 22時29分

この柄はあんたには、こうと過ぎる。とか あの人はこうとかけん、ちょつと付き合いにくか。 なんて使う事ありませんでしたか。うちは使うたごとあったようにありますが。コウトネギ見るからに香りがよかろうごたあー。

投稿: hanazono | 2007年10月26日 (金) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/16862530

この記事へのトラックバック一覧です: こーとねぎ:

« あご | トップページ | うんすけ »