« 外ける | トップページ | 春冠 »

2007年10月12日 (金)

らっかん

未収録語シリーズ五十八。らっかん。
『おぼんの おそなえにするけん らっかんば こーてきない かいちゅうしるこも わすれんとばい』「お盆のお供えにするから落雁を買っておいでなさい。懐中しるこも忘れないように」

◆本日のキーワード◆
【らっかん】落雁のこと。辞書的にいうたら、干菓子のひとつ。米・麦・大豆・小豆などの粉を主材料とし、砂糖・水飴・みじん粉でねり、型に押し込んで焙炉(ほいろ)で、また自然に乾かしたものという定義になるごたります。
自分あたりの年代の博多もんで、「らくがん」とか舌かみそうな発音するもんは居らんとやないでしょうか。みーんな「らっかん」としか言わんような気がしとります。・・・なんて断言して良かとやろか?(^^; まよかろたい。楽観楽観。ん?なんて?自分の書いたことにゃ責任持っとけ!てですか。んじゃ、落款でもおしときましょうかね。
ホレ。ビシッとね。

Photo ははは、でか過ぎばい。

【懐中しるこ】もなか皮のなかに粉しるこが入ったもの。お湯を注いでつくるインスタントしるこのこと。

はい、そんなら最後に落雁と懐中しるこの写真ば載せときますです。

Rakkan01

|

« 外ける | トップページ | 春冠 »

コメント

> なんか入つとらんかつたですか餅の替わりに。
あられ?みたいなとの入っとるともあったですね。
最近食べたとには、色とりどりのですね、ゼリーか羊羹のごたーとが入っとりました。自分とこはお盆よりも、正月やら山笠んときにお菓子屋さんに行くとが多いごたります。

そういや、つい先日、新天町に行くていうたら、嫁さんに「千鳥屋でアウトレットの千鳥饅頭買ーてきて」とお使い頼まれましたです。20個入りで900円。半額かいな?個別包装なし・型くずれ・千鳥焼印なしやらばってんですね、味は変わらんごとありました。

投稿: MISTAKER | 2007年10月17日 (水) 15時17分

佛事ゆうたら、らつかんでしたもんねー。懐中シルコにお湯ば入れて解けるときの待ちどうしかつたこと、解けたシルコの中に、なんか入つとらんかつたですか餅の替わりに。それをワクワクしながら楽しみにしとつたごたるけど、よう思い出さんです。もう昔昔の事がボーとなつてしまいよるごたる。

投稿: hanazono | 2007年10月17日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/16741595

この記事へのトラックバック一覧です: らっかん:

« 外ける | トップページ | 春冠 »