« ぼんごし | トップページ | 博多祇園山笠写真集アップしました »

2007年6月30日 (土)

きたう

未収録語シリーズ五十。きたう。
『おやじな きとーて もろーてこい おやかたな おー きとうちゃるて いいなるばってん うちゃ きたえてもらわんでちゃ いっちょん かまわんとにくさ』「親父は鍛えてもらってこい、親方は鍛えてやるとおっしゃるんだけど、自分は鍛えてもらわなくてもちっとも構わないんだけどね」

未収録50回記念にふさわしい博多弁が見つかりましたばい。未収録を威張ってもしょうがなかとですが、ごくごく普段つかいの日常語やったもんやけん、つい「どうだ!」という気分。わはははは。

◆本日のキーワード◆
【きたう】鍛える・鍛えられること。かなで、きとーちゃる・きたわれるー・・・やら書いてもピンと来んかもしれんですが、漢字にしたら意味はわかるでっしょ?!古語の「鍛ふ」から来た言葉ですたいね。
ただし、博多弁での意味としては、本来の鍛えるから少し外れて、監視つきで働かされる・こき使われるという状況を言うことが多いごたーです。

え~、本日のネタ写真はこげなと。

Kitau

うちの嫁さんはこげなもんに「きとーて」もらいよーごたります。脳年齢が「二十いくつ」やら言うて喜びよりますが、自分やら、そげな数字を聞いただけで「インチキくさ~」て思うとですばってんね。

|

« ぼんごし | トップページ | 博多祇園山笠写真集アップしました »

コメント

> 標準語ではなかったんですね。
そげん問われるとちょっと困るとこもあるとですがね、実は(^^;。ははは。「きたう」「きとう」は訛っとるけん問題はないとですが、共通語と同じ発音で「鍛える・鍛えられる」て言うときもある(例文の最後の部分)やないですか。問題はコッチですたいね。こん場合の博多弁のニュアンスを普通の国語辞典では説明できとらんとですよね。そこが方言とした理由になるとです。

> プレッシャー無く伝わる言葉だとおもいます。
そう言われればそうですね~。ちょっと仰らしゅー冗談めかしていうセリフじゃありますね。言う方も言われる方も会話を楽しんどるとこのありますね。

投稿: MISTAKER | 2007年7月 1日 (日) 02時54分

引越しの手伝いをして「今日なきたわれやねぇ~」ついつい口にしますが、これって標準語ではなかったんですね。
「ちょっときとうちゃるけんこっちにきてんしゃい」とか、よく声をかけられたりしますが、私的には受ける方にプレッシャー無く伝わる言葉だとおもいます。
これも博多弁のよかとこでしょうか?(と 勝手に思ってます。)

投稿: げなげな話 | 2007年6月30日 (土) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/15599917

この記事へのトラックバック一覧です: きたう:

« ぼんごし | トップページ | 博多祇園山笠写真集アップしました »