« へっぱ句ボロ句 | トップページ | ちかちかする »

2007年2月15日 (木)

さっちみち

未収録語シリーズ三十九。さっちみち。
『さっちみち こなて いわれてもくさ~ うちゃぁ うちの ようじの あるとばってん・・・』「必ず来いと言われてもね、あたしにはあたしの用事があるんだけど・・・」

◆本日のキーワード◆
【さっち】かならず・どうしてもの意味。博多では「しゃっち」とも言うとです。語源は遮二無二(しゃにむに)の略形じゃないかとも考えられるとですが、イマイチはっきりせんとです。
【みち】「どっちみち」「どのみち」の「みち」で、「たどりつく結果」「予想された結果」を意味しとる考えて良かとやないですかね。
【さっちみち】かならず・どうしても・無理にでも・・・。これも「遮二無二=遮理無理(さりむり:これも博多弁)」が語源といわれとるとですが、自分は面倒くさがりの博多んもんが「さっち」と共通語の「どっちみち」を、合成・ごっちゃにした比較的新しい方言やないかと考えとります。
【こな】来ないとダメだよの略形。命令形。
【うち・うちゃ】私・アタシの女言葉。博多じゃ元々は男女両用の自称やったとですが、最近は男が使うことは少のーなりました。ただし、自分はときどき思い出したごと言いますね。男の「うち」も案外と可愛いもんじゃなかろうか・・・と自画自賛(^^;。

さーて、今日のネタ画像は、といいたいとこばってん、そのネタがない(^^;。ははは、困ったもんたい。
う~んと、こん画像くらいで逃げときましょう。うったちと同しか上の年代の音楽好きならおなじみやろたい。では、サッチモ・オンステージ。

Sacchimo

|

« へっぱ句ボロ句 | トップページ | ちかちかする »

コメント

> 「さっちみち」は「どっちみち」とは違うとね?
そうですたいね~、微妙な違いはあろうごたーです。
「どっちみち」は、それこそどっちを選ぶかという、選択の余地が少しありそうですね。言葉の使い方としちゃ「しゃんむり」の近かかな。
さっちみちの他に「さっちみっち・さっちむっち」ていうとこもあるごたります。博多と肥後ん中間の筑後あたりでも使われよーごたーですが、熊本じゃ言わんとやろかな。

投稿: MISTAKER | 2007年2月15日 (木) 21時56分

「さっちみち」は「どっちみち」とは違うとね?
「しゃんむり」の方が近かかろか(^^;

投稿: りりー姫 | 2007年2月15日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/13920344

この記事へのトラックバック一覧です: さっちみち:

« へっぱ句ボロ句 | トップページ | ちかちかする »