« ごみのする | トップページ | とおりもん »

2006年10月13日 (金)

かんかん

『かんけり するけん あぶらむしに ゆーて かんかん ひらわして きやい』「缶蹴りをするから、みそっかすに言って、空き缶を拾ってこさせな」

◆本日のキーワード◆
【かんかん】空き缶のこと。博多では中身が入っている缶を「かんかん」とは言わんごたります。普通に「缶」やろかな。したがって、かんかんの語源は空缶(からかん)やなかろうかと考えとります。何も入ってないから「すっからかん」なんていうたりしてくさ。
【がんがん】ただ、大きか一斗缶(石油缶・油缶)の空缶ば「がんがん」て言うけん、音から来たという説にゃ、ごもっともですたいと答えるしかなかかいな。昔な(20年くらい前まで?)、自転車の後ろの荷台の両横に、水ば張った「がんがん」ば組み込んで「豆腐」ば売りに来よんなったです。
【がんがらがん】これも音と調子の面白か博多弁ですばって、何も入ってないという意味がひとつと、もいっちょ、何もないから「おたがいさま・おあいこ」という意味でも使うごたります。自分はおあいこの意味では使わんやったごたる。
【かん】缶。昔は日本にゃ缶詰(canned food)はなかったけん、缶という言葉も漢字もなかったとげなです。
【あぶらむし:油虫】(以前書いた「油虫」ん項目んとこの説明ばそんまま写しときます)
共通語でみそっかす。(子供の)遊びの中で一人前にあつかわれない子供。鬼にならなくて良いなどの特別ルールが適用される子供たちのことをいうとです。国語辞典などでもなかなかピリッとした語義説明がされとりません。員数外の子。半人前。方言にはその方言でしか表現されん言葉があるとですが、この油虫はそのうちの代表的なひとつかもしらんですね。
【ひらわせる】博多では「拾う(ひろう)」をひらうと発音することもあるとです。疲労はひろうしか言わんですばってんね。
【きやい】来い。博多弁で「来い」は「きぃ・き~」となる場合があります。「やい」は、「~やる」の命令形「やれ」の変形。来いをさらに強制強調度を強めた言い方になるとです。

さらさらさらっと、簡単な例文つくったつもりやったら、意外と説明しとかないかん言葉の多ーて、えらいまた長い「へっぱく」になってしもーたやね。こらえちゃっときやい(ここのキヤイは違う用語例ばい(^^;)

さーて、本日のネタサイトはこちら。沖縄でも空き缶を「かんから」というとのごたります。ビギンの沖縄唄が好きで、意味もしらんでよー♪かんからさんしんうむしるむん♪て、くちずさんどったとですが、この「かんかん項目を書きよって、もしかしたらアレも缶やろか?と思うたらぴったしカンカン(^^;やったです。

|

« ごみのする | トップページ | とおりもん »

コメント

> 千葉県でも「かんかん」は使ってました。
博多では今でも現役語のようです。千葉の方が言葉の都会化が進んでいるということかな。博多もけっこうな街になってきましたが、地元民の地元意識はなかなかに強固です。田舎もんのこだわり(^^;。
> 「きんしゃい!」ってどこでした?
博多弁の横綱クラスの言葉です。「きんしゃい、きんしゃい、博多はよかとこ。博多に来て遊びんしゃい」なーんてね。

投稿: MISTAKER | 2006年10月17日 (火) 08時19分

千葉県でも「かんかん」は使ってました。確か聞いてました。だから驚かなかったわ(笑) 「かんから」とも言ってたかな。今は(いつのまにか)聞かなくなりました。
「きんしゃい!」ってどこでした? 

投稿: ミーシャ | 2006年10月16日 (月) 15時32分

> 沖縄ずきなもんで、ついへぱっくこいてしましました。
いやいやいや。この「かんかん」書いたとき、最初にチェックしたとは、「なんくるさんがうまいぐあいに沖縄記事書いとらんかな~。トラバするっちゃけど」やったとですよ。自分がトラックバック送ることはそうないけん、ちっと楽しみにしとったとですが残念やったです。あはは。
普通の掲示板やったら、普通にコメント書けるばってん、ブログの場合は相手先のテーマに合わんとコメント書けんやないですか。ここがブログとトラックバックの難点じゃあるですね。やっぱ良し悪しがありますね。

投稿: MISTAKER | 2006年10月15日 (日) 02時02分

> なんじゃ!って顔して見よちゃけん、おかしか~!
猫缶の話ばしよるて勘(^^;違いしたとかもしらんね。ははははは~。鰹缶でも買ってやるとよかですよ>Marco。

> トラックバックが「がんがん」に反応しとるばい!
そうそう、なしてこげなトラバが来るとかいなね。アホなサーチングばってん、まともな記事やけん、削除するわけにゃいくめえたい。

投稿: MISTAKER | 2006年10月15日 (日) 01時53分

カンカラ三線・・・よかですね。
自分もビギンは好きです。

沖縄戦後、収容所で何にもない中で、そんでも何かしら音のなるものを作って歌いたい!
そこで、できたもんが、カンカラ三線だそうです。
沖縄に行くと、カンカラ三線キットが売ってあります。
(わしたにも売ってあったかも)すんまっせん。
沖縄ずきなもんで、ついへぱっくこいてしましました。
こらえてつかぁさい。

投稿: ひろくま | 2006年10月14日 (土) 23時04分

トラックバックが「がんがん」に反応しとるばい!
こりゃ、がんがんはガンガンでも「癌癌」やろうもん!
おかしかねぇ(^^:)

投稿: 月桂樹 | 2006年10月14日 (土) 16時42分

MISTAKERさん、こんにちは~!
そう言う私も、かんかんば、ひろうて 来させられたほうです!
豆腐屋のオイチャンが、
がんがんにいれて来よったね~。
なつかし・・・うん?
あれっ!
Marcoが、寝言いうた!(爆)
なんじゃ!って顔して見よちゃけん、おかしか~!

投稿: 月桂樹 | 2006年10月14日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/12270014

この記事へのトラックバック一覧です: かんかん:

« ごみのする | トップページ | とおりもん »