« ずんだれ・ぞろびく | トップページ | もんち! »

2006年6月 4日 (日)

てれんぱれん

未収録語シリーズ二十四。てれんぱれん。
『うちの そうりょうな てれすけで いくつに なったっちゃ てれんぱれんてれんぱれん しとるでっしょうが そやけん いっちょん よめの きての なかとですたい』
「うちの長男はなまけもので、いくつになっても、だらだらぐずぐずしているものだから、ちっとも嫁に来てくれる人がいないんですよ」

◆本日のキーワード◆
【てれんぱれん】例文じゃ「だらだらぐずぐず」と訳しましたばってん、辞書的に説明するとなるとちょっと難しかですね。漫然と人生・時間を無為にすごすこと。すごす人。無責任で誠意のない態度行動をとること。とる人・・・というところやろか。「落ち着きのない怠け者(の様子)」でも良かかいなね。

「てれん」は、「てれっとすんな・てれてれすんな」ていう博多弁のあるごと、テレっとの仲間でっしょうね。てれてれ=でれでれ=だらだらで間違いなかと思うとですが、問題は「ぱれん」ですたい。これがいっちょんわからんと。いろいろ語源候補をアテズッポしてみると、「暴(ば)れる」と字を当てて、あばれる・ふざけること。「破(ば)れる」と字を当てて、破れてまとまりがないこと・ばらばらであること。う~ん、ピンと来んな~(^^;
で、「ばらばら」がここで出てきたけん、推理を別方向に急展開してみます。「てれん」と「ばれん」を分けて語源を探るよりも、いっそのこと「てんでんばらばら」が一気に「てれんぱれん」に変化したと考えるともそれなりに説得力があるごたる気もしとります。
【てれすけ】てれ助。ぐうたら。怠け者のこと。共通語に「でれ助」があり、こっちは女好きの締りのない男のこと。

はい、では、今日のネタサイトはこちら。手錬破錬で無理やっここじつけましたです。

|

« ずんだれ・ぞろびく | トップページ | もんち! »

コメント

「てれんぱれん」は普通にまだまだ現役博多弁のごたーですが、「でぼちん」は知らんですね~。言われてみると、意味もなんとなくわかるしですね、聞いたことあるような気もするです。ちーとまた調べてみます。年寄り探して聞いてんもー。ありがとうございます。

投稿: MISTAKER | 2006年6月 7日 (水) 02時34分

この「てれんぱれん」は祖母の造語であったかもしれませんね~お手数おかけしてすみません
祖母は額のことを「でぼちん」とも言ってましたし

投稿: ぼたん | 2006年6月 6日 (火) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/10390394

この記事へのトラックバック一覧です: てれんぱれん:

« ずんだれ・ぞろびく | トップページ | もんち! »