« ~時前~分 | トップページ | にやう »

2006年3月26日 (日)

におう

えっ、これも方言?シリーズ十四。におう。
『なんか くさかろ そのへんば におうて みてん な におうやろ』
「なにか臭くないかい。そのへんを嗅いでみてごらん。ね、におうだろう」

◆本日のキーワード◆
【におう】ニオイを嗅ぐこと。博多弁には共通語にはない嗅ぐという意味もあるとです。博多人は普通に「鼻くんくんさせて匂うたら、柚子のにおいのした」みたいに使うとですが、共通語人は「はぁ?」って顔しますです。広辞苑・大辞林にも嗅ぐでは説明が載っとらん方言ですたいね。ただし京都・山口・四国・九州とけっこういろんなところで使われとる方言ではあるごたります。
ちなみにもうひとつ。匂うの変化語ば書いときましょう。地元んなかにゃ「匂う匂わぬ」を「によう・によわん」て発音する人もおりますです。博多んもんの舌は器用かとか不器用かとか・・・よーわからんばい。
そうたい、ついでやけん次回も「によう・によわん」ば書いてみまっしょ。どげな話になるこっちゃら・・・。

さて、ここで問題。「匂わぬ花」ちゃ何か知っとんしゃる?
答えはこちら。ヒマツブシにもなるけん遊んできんしゃったら良かよ。

|

« ~時前~分 | トップページ | にやう »

コメント

> 「メシのねまっとーごたーじぇ におうてみてんやい?」
> なんて他所の土地の人が聞いたら意味不明なんだろな。
ははは。そら「わかれ!」て言う方が無理ですたいね。「におうてんやい」だけでも「?!」かとに「ねまる」やら「ごたーじぇ」やら、キラ星のごと博多弁のクリーンアップが並んどるもん。
他所ん人にゃ、せいぜい、ズレータの「よかろうもん」まで。あ、いや、あれも、何がよかろうもんか、自分にもわからんばってん(^^;。

投稿: MISTAKER | 2006年3月28日 (火) 04時46分

> 熊本弁も一緒んごたる。
ひとつの博多弁を記事にするときは、基本的に「広辞苑」「大辞林」で共通語との関係ば確認して、次に筑後弁辞典・肥後弁辞典(りりー姫さんから教えてもろーたもんたい)で、その方言が地域的にどげな拡がりを持っとるか調べよります。ざぁーっとですばってんね。

投稿: MISTAKER | 2006年3月28日 (火) 04時37分

げぇーーーっ!普通は「におう」て言わんっちゃね(驚)
「メシのねまっとーごたーじぇ におうてみてんやい?」なんて他所の土地の人が聞いたら意味不明なんだろな

投稿: ぼたん | 2006年3月27日 (月) 12時50分

>【におう】ニオイを嗅ぐこと。博多弁には共通語にはない嗅ぐという意味もあるとです。
熊本弁も一緒んごたる。
「嗅ぐ」は辞典に載っとらんごたる。

投稿: りりー姫 | 2006年3月27日 (月) 10時27分

一言にまとめたら、「仁王さんが屁こいた。匂うたら臭かった」で良かとかな。
自分もおまけ(^^;。
> 隣の仁王さんは
阿!吽こ(違)がついとるもん(^^;臭いはずたい。

投稿: MISTAKER | 2006年3月27日 (月) 02時23分

『鼻くんくんさせる』ちゅう表現も、他の場所ではなかなか使わんとじゃなかでしょうか?
この手の表現も、探せば結構あるように思います。
頭にきたときに『あーもう、ぐらぐらこいた!!』とか。

おまけ。
こないだくさ、お寺の山門にたっとんしゃる仁王さんば見たらくさ、
一方は『あっ』って口をあけとるばってん、
もう一方は『うむ』ってしかめっ面しとんしゃる。
どげんしんしゃったとかいな?

そりゃ、きまっとるたい。
『あっ!』って口をひらいとる仁王さんが、屁ばこいたけん、
隣の仁王さんはこりゃにおうってしかめっ面になったとたい。
どげんでもよかばってん、
やっぱり仁王さんにはしかっめ面がにおうとる。

投稿: ひろくま | 2006年3月26日 (日) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/9263956

この記事へのトラックバック一覧です: におう:

« ~時前~分 | トップページ | にやう »