« 直す | トップページ | かじられる »

2006年2月19日 (日)

必死豆炭

『そげん ひっしまめたんで せのびすんな しんちょうの ちゃんと はかれんめえが かがとば ちゃんとつけんか』「そんなに一生懸命に背伸びをするな。身長がちゃんと計れないだろうが。かかとをちゃんとつけろ」

【必死豆炭】 一生懸命なこと。全力をつくすこと。死に物狂い。必死な様子のユーモア表現。語源的なものを推測すると、(1)豆炭はまめ(忠実・てきぱき動くこと)に掛けたダジャレ。(2)豆炭が真っ赤に燃えさかっとる様子。(3)着火させようとウチワなどで一生懸命あおいどる様子。こんなとこでしょうかね。ネットのどこかで「炭が豆のように小さくなるまでがんばる」なんて説明ば見たとですが、もしかしたら豆炭そのもんを知んしゃれんとかな・・・て思うたです。豆炭を知らん世代の人には、ダジャレどころか、自分たちが使うてきた言葉そのもんも意味の通じんごとなってきよるとですね。物がなくなれば、言葉も自然に消滅する運命にあるとやろね。火鉢がなくなりゃ[またひばち]なんて言葉も、意味が通じんごとなるたー、火をみる(^^;よりも明らかですたい。豆炭は最近見かけんですが、練炭の方は今でも博多屋台の重要な燃料源のごたるですよ。使い古しの割り箸を使って着火しょうしよんしゃるです。

今日はこげなもんを見つけました。へ~っって感じ。

|

« 直す | トップページ | かじられる »

コメント

年寄りっ子は三文安い。

残念ながら、私も生粋の博多っ子ではございません。しかしその分、他の土地の言葉に敏感になるセンスば養われたように思います。

投稿: ひろくま | 2006年2月20日 (月) 22時33分

> 前々から欲しかった手火鉢がにっこり♪
> しかも大好きな牡丹の絵付きじゃない
ぼたんさん、トラバさんきゅ~。え~、良かとば持っとるね~。良かよか。ばってん、それじゃ小さすぎて「またひばち」はできんめえ?・・・って負け惜しみ&憎まれ口。ははは。
自分も一応「またひばち」の出来んばってん、小さいとば持っとるばい。ほとんど飾りで実際は使っとらん。「早ー食いたい早ー呑みたい」で火おこしする時間がもったいのーて、すぐガス火やらチンですましとります。画像はこちら。
http://www3.coara.or.jp/~mistaker/images/hibachi.jpg

投稿: MISTAKER | 2006年2月20日 (月) 21時06分

> あった、あったって、思わず笑っていました。
そうでっしょう?!そげな博多弁ですもんね。この前の「馬かっぷり」とおなしごたーもんですたいね。
> 10年くらい前の生活体験をしているのかもしれません。
爺ちゃん婆ちゃんっ子はそげんやろて思いますよ。10年ちゃきかんかもしらんです。20年、それ以上かも・・・。自分あたりからすると、そげな人たちはうらやましかです。自分の親は純粋の博多んもんやないもんやけん、親から子への博多弁はあんまし伝わっとらんごたります。実体験のない博多弁はどうしたっちゃ薄っぺらい表現になってしまうごとあります。古い博多弁のお勉強はしよりますが・・・。

投稿: MISTAKER | 2006年2月20日 (月) 20時56分

> 燃料屋に氷室があって
そうですたいね。木製のけっこう大きかとのあったですね。自分ちの近くにゃ(西新付近)今でもあったっちゃなかろか。しかし燃料店に氷置いとるとはなしてやろか。回転饅頭屋さんにカキ氷置くごたるもんかいな。豆腐屋にも氷室があった気がするばってん、これは記憶違いかいな?う~ん、あやふや。
そういや、米屋さんにゃ灯油ば置いとるとこもあるですね。ここいらの取り合わせは面白かな~。
ふふ。そうそう、今、思い出した。燃料屋の息子が鼻タレで、そいつのゴウバナは人よりやっぱ黒かったです。ほんと生石炭のごと黒光りしとった(^^;

投稿: MISTAKER | 2006年2月20日 (月) 20時48分

『必死豆炭』久々に思い出しました。
あった、あったって、思わず笑っていました。
『そげん、必死豆炭こかんでも・・・』って言われよったように思います。

私は今40歳ですばってん、夏休みや冬休みとかに、ばーちゃんちで過ごしたせいで、
風呂焚きやら掘りごたつやら、よー知っとります。
夏休みの、お手伝いは風呂焚きでした。(笑)
掘りごたつで、靴下を焦がして穴を開けたりしておこられました。

『豆炭アンカ』もありました。

同世代より、もしかしたら10年くらい前の生活体験をしているのかもしれません。

投稿: ひろくま | 2006年2月20日 (月) 11時28分

そういえば燃料屋さんってすくのーなりました。うちはS45年までフロは石炭で沸かしよりましたしコタツはずっと練炭の掘りコタツ、火鉢にも練炭ば使いよったデス。で時々頭の痛うなりよったもんです。

今頃の季節は火鉢に餅焼き網ばのせて箸でかき餅ばのばしながら焼いてよう食いよった。

今の若い人はしらんめーばってん燃料屋に氷室があって夏になったら氷ば買いに行かされよったです。

投稿: よーすけ | 2006年2月20日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/8731684

この記事へのトラックバック一覧です: 必死豆炭:

» ついに念願の! [百花繚乱「ぼたんの屋敷」]
今週は なぜだかお隣の佐賀県に縁がある週のようで 今日は仕事で 神崎郡(そうめんが有名なところです)まで行ってきました その佐賀県に行くには福岡から国道263号線を通り 三瀬峠を越えるルートを いつも使っているのですが いつも通るたびにずっと気になっていた リサイクルショップ(ってか骨董屋て言うか古物屋さん)があるので  仕事の帰りにちょっと立ち寄って見ました お馴染みの信楽焼きのタンタンタヌキや古い欄間や もちろん着物なども あったりしましたが まぁ~気に入るものがないなと思... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 09時17分

» 必死豆炭 [ういろー・ざ・わーるど]
ぼんやりとニュースを聞いていたら、突然この言葉が頭に浮かびました 能登の地震で被... [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 20時16分

« 直す | トップページ | かじられる »