« 中洲(なかす・なかず) | トップページ | 六つ角 »

2006年1月28日 (土)

ごはんつぎ

えっ、これも方言?シリーズその十一。ごはんつぎ。
『ばばしゃん かかが おらんけん めし ついじゃんしゃい なんて ごはんつぎの いっぽんも なかて そら かかな しゃぎりたいに かたりに いっとるばい』
「ばあちゃん、女房がいないから、飯をついでおくれ。なんだって、しゃもじが一本もないって。それは女房、(どんたくの)お囃し隊に加わりにいってるよ」

【(飯を)つぐ】ごはんをよそう。盛ること。普通「つぐ」は注ぐと書いて、おもに水や酒などをそそぎ入れることをいうとですが、博多ではごはんを盛ることもつぐというとです。酒もごはんも同じ米から出来とっちゃけん、一緒の「つぐ」でよかろーもん・・・ていうとが、博多んもんのお決まり恒例オオマンタローであります。
【ごはんつぎ・めしつぎ】しゃもじのこと。しゃもじの方言は全国各地いろんな表現があるごたりますが、博多では他に「飯杓子:ままじゃくし」「飯匙:いがい」という人もおんしゃるごたります。杓子・しゃもじは女房(=かか(^^;)・主婦権の象徴とも言えるもんですたいね。大事にせなね。
【しゃぎり隊】「しゃぎり」は民俗芸能や祭礼などの練り物行列で、三味線・笛・太鼓・鉦などをまじえて奏でる囃しのこと。博多どんたく港まつりのしゃぎり隊(=お囃し隊)では楽器演奏以外におしゃもじを叩きながら練り歩くので、しゃもじ隊ともいわれとります。
【しゃもじ隊】では、なして博多どんたくのしゃぎり隊にしゃもじが使われるごとなったかというと、福岡市民の祭り振興会「博多どんたく港まつり」公式ページには、「昔、商家の前をどんたく囃子が通りかかった時、そのオハヤシの見事な音色に夕食を支度中の商家のオカミさんが浮かれだし、手にもっていたシャモジを叩いてオハヤシに加わったことから始まる」とあります。男の山笠と同じごと、博多の女の「あけっぴろげ」なとこや「のぼせぶり」が表現してあって、なかなかにほのぼのする由来となっとります。ただもう少し、この由来を具体的に証明する資料なり、言い伝えなりがないかどうか、いろいろと調べたり考えたりしよります。
【かたる】遊びの輪や仲間に入ること。加わること。仲間に入れては、「カテテ」「かてちゃりー」「かたしてー」と言います。ちょっとわかりにくい博多弁かもしれませんが、加ててと字を当てると意味がわかりやすかでしょ。混ぜるという意味で[糅てる]という難しい字があり、これが語源。

と、いうわけで、時季外れのネタになってしもーたばってん、外れついでに、へっぱく管理人の見た「どんたく祭りレポート」でん見とっちゃり~。こちらのページですたい。

|

« 中洲(なかす・なかず) | トップページ | 六つ角 »

コメント

うちの父方の祖父は熊本出身なので「ちゃんから」は通じますが 父方の祖母や母方の里は生粋の博多なので言いません

投稿: ぼたん | 2006年2月 6日 (月) 17時48分

> 「ちゃんから」は博多弁にもあるよね(*^^)v
いや博多では使わんとやなかですかね。博多弁関連の資料には見つからんごたります。自分も知らんやったです。ただ筑後弁にはあるようですばい。語源としては、りりー姫さんとこに書いた通りですたい。広辞苑に項目が載っとったけん、語源の推測結果ははそげん間違ったことは書いとらんと思います。

> 『焼酎』のこつば『ちかり(チカリ)』て言う地方んあっどか?
これは、けっこう真剣に調べたばってんわからんかったです。何やろかな~。
戦中や戦後すぐの酒のない時代にメチルアルコールを呑んで失明したりすることがあったらしいですが、目がチカチカするとか、チカリチカリするとかいう表現があったかどうか・・・。せいぜい、そのくらいの「当てずっぽ」しかできません。想像もつかんな~。
まさか、大分麦焼酎「いいちこ」は「いいちかり」の略語とか言うてみたりして・・・阿呆くさ。ははは。

投稿: MISTAKER | 2006年2月 4日 (土) 02時11分

尋ねてよかね。
「ちゃんから」は博多弁にもあるよね(*^^)v
語源も教えてはいよ。

投稿: りりー姫 | 2006年2月 2日 (木) 12時19分

尋ねてよかね。
『焼酎』のこつば『ちかり(チカリ)』て言う地方んあっどか?主人が使いよったつよ。熊本市では使わんとよ。焼酎のお湯割りをポットに入れて持って行って飲む時に『ちかり(チカリ)ば飲むね』て言うと誰にも気付かれずに飲まるって思わんね(*^^)v

投稿: りりー姫 | 2006年2月 2日 (木) 08時59分

> 主人に聞いたばってんが知らんてったい(^^;
う~ん、そげんですか。おなし方言でも、ちょっとした地域差個人差家庭差で使う使わんが決まるとこもあるとでしょうね。
博多でも、最近は、「ばってん・ばい・げな」みたいな土着度・方言度の強い言葉は消滅傾向にあるようです・・・ばいたいくさ(^^;。

投稿: MISTAKER | 2006年1月31日 (火) 23時26分

> さすがに実家でも今では「しゃもじ」と言ってますが
あら、そうですか。ふ~ん。古い博多弁が現役で残っとることの多い「ぼたんさん」とこでも「めしつぎ」ちゃ言わんとか。ふ~む?!
もしかしたら、ちーとお下品傾向のある「めしつぎ」を忌避するていう常識が働きよったとかな。そうかもしらんな。家風の違いで同じ方言でも生き残り方が違うとやろね。いやぁ「方言」て良かですね・・・水野さん風に書いておこう。水野さん、ご回復をお祈りしておきますです。

投稿: MISTAKER | 2006年1月31日 (火) 19時57分

ふ~ん これも当たり前のごと使うてきたけん
方言やら思いもせんやった>ごはんを「つぐ」

さすがに「めしつぎ」は祖母の時代までで
さすがに実家でも今では「しゃもじ」と言ってますが
小さい姪っ子たちでも やっぱりごはんは「ついでー」って言いますよ

投稿: ぼたん | 2006年1月31日 (火) 16時24分

>熊本お得意の「ぎゃん(^^;」がついたごたる「めしぎゃ」とか「めしげ」とかとか言う地域のあるごと書いちゃったです。

主人に聞いたばってんが知らんてったい(^^;

投稿: りりー姫 | 2006年1月31日 (火) 14時13分

どうね、そっち出雲の方の方言の違いに戸惑うことってあるね。文化気質の違いも大きい?そうない?博多弁は使いよると。共通語?(伊豆も弁=imeの誤変換)出雲弁を使ってる?

投稿: MISTAKER | 2006年1月31日 (火) 09時31分

へぇー。
つぐって、方言なんやね。
ご飯も、呑みもんも、つぐばい。

投稿: がっちゃん | 2006年1月30日 (月) 22時59分

> 「しゃもじ」は他ん言いかたんあっとだろか?
あら、博多は「しゃもじ=めしつぎ=まましゃもじ」ですよ~。
熊本ん方は「しゃもじ」しか言わんとかな。ちーと資料ば調べたら、肥後弁やと「まましゃくし」とか、それこそ熊本お得意の「ぎゃん(^^;」がついたごたる「めしぎゃ」とか「めしげ」とかとか言う地域のあるごと書いちゃったです。りりー姫さんとこは市内やけん無かとかもしらんですね。

投稿: MISTAKER | 2006年1月30日 (月) 08時35分

>「しゃもじ」んこつはどげん言いよったですか?
「しゃもじ」は「しゃもじ」た~~~い(^^)
「しゃもじ」は他ん言いかたんあっとだろか?

投稿: りりー姫 | 2006年1月30日 (月) 05時59分

> 熊本も一緒たい
やっぱそうでっしょう?!ごはんば「よそう」やら、そげな上品(^^;なこと言わんし言いきらんですもんね。だいいち舌のまめらん(^^;。ははは。
あ、そうたい。どげんですか?熊本じゃ「しゃもじ」んこつはどげん言いよったですか?

投稿: MISTAKER | 2006年1月29日 (日) 21時17分

熊本も一緒たい。
酒もごはんも、一緒の「つぐ」よ。

投稿: りりー姫 | 2006年1月29日 (日) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/8375452

この記事へのトラックバック一覧です: ごはんつぎ:

« 中洲(なかす・なかず) | トップページ | 六つ角 »