« やん | トップページ | ~せんくなる »

2005年12月21日 (水)

~と

新博多弁シリーズその弐。~と。
『ねえねえ うどん たべにいかん』『えー うどんと』『なーん らーめんが よかと』『ま よかかー うどんで よかよ どこいくと うえすとと』
「ねえ、うどん食べに行かない?」「ええ、うどんなの」「なーに、ラーメンの方がいいの?」「ま、いいか。うどんでいいわ。どこへ食べにいくの?ウエスト?」
この件は何度か「博多らくがき帖」の方でも書いたことあると思うとですが、コッチで一まとめしときましょう。

◆本日のキーワード◆
【~と】~するの!~するの?~するの?!断定・疑問・反語の意味をもつ助詞。それぞれの違いは単純明解博多弁事典の「~ト」の項目の方で参照しちゃんしゃい。
「うどんと?」「ウエストと?」やらいうとは若い人を中心にした最近の表現ですたいね。自分たちあたりから上の世代はほとんど使わんですが、これはこれで博多弁やなかろうかて思うとります。「名詞にトやらつけるやら博多弁やなか」と憤慨したり否定的な意見もよー見聞きするとですが、昔からの博多弁「~と」に由来した、またその変形やけん認めても良かとやないですかね。ここがおなし新方言でも素性の知れん「バリ~」「ちかっぱ~」とは違うとこやろて考えとーとこです。
【博多うどん】博多ん年寄りにゃ「はかたうろん」ていう延びた(^^;発音しんしゃる人もおんしゃるです。お櫛田さんさん近くの「かろのうろんや」が有名かかな。
自分はどっちかていうとラーメン派ばってん、それでも学生時代は「因幡うどん」「英ちゃんうどん」「みやけうどん」あたりはよー食べさせてもろーたです。ただ「牧のうどん」やら讃岐風の固いしこしこ麺の存在を知ってから、博多の柔(やわ)うどんは食べる気のせんごとなってしもーたです。ラーメンはヤワ頼むクセしてくさ。
え~、ちなみに、地もんやなか他所ん人は、博多のうどん屋でトッピング注文するとき、ちゃーんと確認しとかんと予想外のもんが上に乗っかってくるけんですね、注意しとってくださいよ。とくに「天ぷら類」をオーダーするときね。

はい。本日はこれ。これが「ウエストと」

|

« やん | トップページ | ~せんくなる »

コメント

うどんと言えば、丸天うどん!
東京にはありませんでした。
東京に始めて行ったとき、
うどんの汁の真っ黒やったことに
驚いたことを思い出します。

以前の記事にも書かれてありましたが
やりうどん(西鉄貝塚駅にもあった)の
海老天うどんも懐かしい味です。

投稿: ひろくま | 2005年12月21日 (水) 23時24分

あたしは讃岐うどんやら牧のうどんやらいっちょんすかんちゃんね^^; 讃岐うどん系は麺ば噛まないかんし 牧のうどんは猫舌やけんどんどんすめの無うなっておうじょうすると!風邪やら引いて喉の痛か時でん啜り込める柔か麺が好いとーと♪

ちなみにトッピングはごぼ天が一番好きです☆

投稿: ぼたん | 2005年12月21日 (水) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/8094550

この記事へのトラックバック一覧です: ~と:

« やん | トップページ | ~せんくなる »