« たい | トップページ | 角打 »

2005年7月31日 (日)

くさ

ことばじりシリーズ その参。
『あのくさ とうきょうからの てんきんもんにくさ はかたの ななくさがゆは じゅっくさぐらい はいっとるでしょて いわれたばい』『そら なしてな』『せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ あのくさ このくさ それがくさ・・・げな』
「あのね、東京からの転勤者にさ、博多の七草がゆは十草くらい入ってるでしょと言われたよ」「それはどうして」「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、あのくさ、このくさ、それがくさ・・・だってさ」

◆本日のキーワード◆
【くさ】あのね・~さ・~ね・~だよ。軽い強調・指示・念押し・呼びかけ語。語源は代表的な古語のひとつの「こそ」の転とか。こその転というとは、博多弁の使いまわしの上からは、いまいちピンと来んとですが、それ以外の俗解も思いつかんもんやけん、とりあえず日本国語大辞典からそんまま引用しときます。

「くさ」は、例文にあげたごと、よそもんの、からかいの種(たね&くさとも読む(^^;)になるくらいに印象深い博多弁のごとあります。「web博多んもん」でも博多方言番付の張出横綱にしとります。ちなみにこの「へっぱくBLOG」のタイトルですばってん、もひとつ考えとった候補が「あのくさこのくさ徒然草」やったです。

本日のお決まり画像はこちら。この時代の吉本新喜劇を見とらん人には通じんネタやろばってん・・・。

|

« たい | トップページ | 角打 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/5241336

この記事へのトラックバック一覧です: くさ:

« たい | トップページ | 角打 »