« 鉛筆そぎ | トップページ | からう »

2005年6月28日 (火)

ランロセル

博多弁文房具シリーズその五。ランロセル。
「じじばばで らんろせる こーてやりますとばってん おんなんこな なんいろが よござっしょうか」
『私たち祖父母でランドセルを買ってあげるのですが、女の子には何色(のランドセル)がいいでしょうね』
単語としての方言やのーて、発音的な方言ていうたらよかとでしょうか。もぉ戦後生まれの世代じゃ、あんまし聞かんとですが、今でんたまーに、ダ行をラ行で発音さっしゃる年寄りが居んしゃるです。
「ろこの らいがくに いきよん なさると」
『どこの大学に行ってらっしゃるの』
ていうぐあいですたい。
「福岡県のことば:明治書院」という方言の本には、ラ行がダ行に変化する場合もあるとして、「連絡」が「でんだく」という例があげちゃります。もっと高齢者の場合かもしらんですね。ただ自分はこっちの変化は聞いたことがなかごたる気がしとります。
言葉や方言をテーマにした著作の多い作家の井上ひさしに「口は怠け者である。発音しやすい方が主流になる」という説があるとですが、この博多んもんの「らんろせる」という発音やらは、まさにその「人の口は軽きにつく」典型的な例やなかでっしょうかね。その意味から言うたら、「でんだく」の方への変化は考えにっかとですが、なんか別の理由があるとですかね。まーだ勉強の足らんです・・・と、今日はなかなかにまじめなBLOGとなってしもーた(^^;。

◆本日のキーワード◆
【らんろせる】ランドセル:学童用の背負いカバンのこと。ちなみにオランダ弁(違)のranselが語源げなです。知らんかったばい。
へっぱくBLOG。自分で言うとも変かばってん、自分自身に良か勉強させてもらいよります。

rattosan-matsura

おいちゃんよい、英語んときだけな、ラットサンやらマツラて言わんごとしときないや。

|

« 鉛筆そぎ | トップページ | からう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/4751457

この記事へのトラックバック一覧です: ランロセル:

« 鉛筆そぎ | トップページ | からう »