« Photo Editor Pro Polarr ヒストグラムとEXIF | トップページ | Photo Editor Pro Polarr 魚眼・広角レンズ効果機能 »

2017/12/11

Photo Editor Pro Polarr リサイズ 回転 反転機能

Polarrの基本的な使い方をメモ。

オリジナル画像はパブリック・ドメインの素材サイトから拝借。きれいな女性でアメリカ映画のグレッチェン・モルという好きな女優さんにけっこう似ていたので、ついつい貰って来てしまった。

まずはリサイズ。

Resize00

赤枠のトリミングをクリック。次に「様相=アスペクト」で目的の比率を選び

Resize01

OKなら決定して

Resize02

保存。

Resize03

「様相」の下の、赤枠「ローテート」は時計とは逆回りに90度回転。

Rotate_2

左右反転

Sayu_hanten

上下反転

Zyoge_hanten

最後に角度自由な回転機能。ここにある機能はどれも視覚的でわかりやすい。

Free_rotate

今度はフリーサイズ(アスペクト)のトリミング方法。元画像はこれ。

Cropping00

画像を開いて(暗かったので一手間かけて明るくした後)、トリミングボタン。画像の四隅に白い「カギ括弧」と辺の中央に「短線」が出て来るので、それぞれ好みのトリミング方向にドラッグ(ズリズリ)して

Cropping02

Cropping03

決定。下がそのフリーのトリミングの結果。

Cropping07

ちなみに、このトリミング画面で主目的の切り抜きをせず、左右上下に拡大縮小(変形)させて、見かけだけのパノラマ化やシークレットブーツ化する機能がありそうな気がしていたのは、大いなる勘違い。そういう意味ではGIMP的なレタッチソフトというより、やはり基本的には写真の「現像ソフト」というべきかな。

どこかに、こうしたgimpライクな変形偽造機能が隠れていると(探しきれてないだけなら)うれしい。

|

« Photo Editor Pro Polarr ヒストグラムとEXIF | トップページ | Photo Editor Pro Polarr 魚眼・広角レンズ効果機能 »