« 2013年8月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年1月

2014/01/27

GIMPで遊ぶ 写真から文字をロゴ化編

どれだけの必要性と有効性があるのかわからないのだが、とりあえず「こういうこともできる」という実例。著作権が絡んでくる場合は自己責任で・・・どうぞ。

仮に、道端に止まっていた車両の看板文字がシャレていたので、写真に撮りその一部を借用してロゴ化して(Webやブログやアクセサリなどに)使ってみよう・・・という状況を想像してもらえればわかりやすいかもしれない。

まずはその題材となる一枚。この三文字をロゴ化してみる。

Oka01

まずは傾き修正。グリッドを表示しておくといい。

Oka02_2

水平にできたら、次は文字部分を抽出するために「色域選択」。文字以外の部分を選択したり、したらなかったりの過不足が生じる場合は「しきい値」を調整して再選択するといい。またGIMPにはピクセル単位で選択範囲を縮小したり拡大したりする機能もあるので併用するといいだろう。

Oka03

うまく文字部分だけを抽出できたら、後の作業を簡便にするためにグレイスケール化しておく。文字を黒色で塗りつぶし。

Oka04

選択を反転して、文字以外の部分を白色で塗りつぶすと、

Oka05

塗り忘れがあれば、しきい値の調整段階に戻って塗り直しもできるが、この場合は安直に筆塗り(ブラシで描画)。

Oka06

これで、写真文字のグレイスケール化は終了。

Oka07

最後に背景色(白部分)を透明化してロゴ(png化)にする。

Oka08

次の画像が背景色が透明化した状態。

Oka09

これをpng拡張子で保存すれば完成である。グレイスケール化の前に好みの色で塗りつぶしてもいい。黒文字をピンクに塗ったもの。

Oka10

実際にはこういう使用方法も考えられる。

Namelogo01


|

« 2013年8月 | トップページ | 2014年4月 »