« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013/01/17

GIMPで遊ぶ 油絵化編

今回は風景写真を(あくまで自己流であるが)油絵風に加工してみる。

Oilpaint00

加工したい画像を開き

Oilpaint01

ツールバーメニューの「色」からプルダウンメニューの「色相-彩度」に下り、彩度調整バーを100にしてOK。

Oilpaint02

つぎに、ツールバーのフィルタから同じくプルダウンメニューの「芸術的効果」「油絵化」とたどり、パラメータ調整。

Oilpaint03

とりあえず、ここで保存して完成としてもいいが、個人的にはもう二手間かけたいところ。

油絵化フィルタの性質上、なんとなく締まりがなく感じられるので、

Oilpaint04

フィルタ→強調でシャープをかけ

Oilpaint05

今度は逆に、色メニューの「色相-彩度」で少し彩度を下げてやることにする。

Oilpaint06

Oilpaint07_2

これで油絵化終了。

最後に同じ手順でもう一枚ビフォーアフター。

Oilpaint008

Oilpaint08

元画像によっては、油絵化がうまくいかない場合があるかもしれぬが、ま、こんな感じならOKかと。

追記:油絵化した画像を額縁に入れシグネチャー。

Oilpaint20_3

もう一枚はアンティーク風。

Oilpaint30

額縁はフリー素材でこちらから借用。

 

|

2013/01/11

GIMPで遊ぶ コラージュ(縁枠つき)編

「GIMPで遊ぶ コラージュ編」の最終編。それぞれの画像に縁枠をつけて配置しようというもの。

Sanwaku

今回はカメラ設定の撮影サイズ比率3:2である800*533で作成することにする。縁枠のサイズは6ピクセル。ただし右画像の上下分割枠は設定サイズの関係上5ピクセルとなる。

あらかじめ、完成予定図のそれぞれの画像サイズとグリッド開始位置を計算しておくと(これはこれで面倒だが)以降の制作が簡単になる。どちらの面倒を選択するか・・・ということ。制作者の好みで選択すればいい。

【完成予定(配置位置とオフセット数値)図】

Sanwaku00

二つのコラージュ方法があるので、二つともメモしておく。まずは「C手順」の方から。

手順C1:新しい画像を作成

Sanwaku01

縁枠に6ピクセルをあてるために、細かくなるがグリッドを6ピクセルで設定。

Sanwaku02

C2:画面表示の拡大方法

Sanwaku03

グリッドが小さすぎて画像配置位置がはっきりしない場合などはこうして拡大してみるといい。

C3:一枚目画像を設定配置

Sanwaku04

画像の縮小設定や不要部分の切り取りなどは、前回までのそれぞれのコラージュ編の手順を参照。

C4:配置終了

Sanwaku06

次にもう一つの配置方法。「D手順」。

D1:一枚目画像用の専用グリッドを設定する

Grid01

設定数値は【完成予定(配置位置とオフセット数値)図】を参照。

Grid002

D2:二枚目画像用の専用グリッドを設定

Grid03

Grid04

D3:二枚目画像を配置

Grid004

このD手順の方が画像表示を拡大する必要が少なくて簡単かもしれない。以降は省略。他のコラージュ方法は以下参照。

「GIMPで遊ぶ コラージュ(重ねあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(分割貼りあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(格子分割)編」

|

GIMPで遊ぶ コラージュ(格子分割)編

まずは完成図から。

Block_collage

画像をそれぞれの格子目(正方形ブロック)に沿って自由自在に配置してみようというもの。

制作手順は他のコラージュ方法(この記事のいちばん下に固定リンク設置)とそれぞれ重なるところがあり、その該当箇所の説明は簡単に。

手順B1:新しい画像を888*600ピクセルで開きグリッド設定

Block_collage01

このグリッドサイズが画像分割の基本サイズになる。好みのサイズに分割していいのだが、とりあえず長辺か単辺のどちらかが整数で割り切れる数字がいいだろう。今回は長辺を111ピクセルの8個の格子に分けてみた。

Block_collage001

B2:一枚目の画像をレイヤーで開く

Block_collage02

レイヤーで開いた画像をサイズと位置調整して配置したところ。右下二個のブロックを削除して空白にしたものを最終形に。

B3:選択ブロックを削除する

Block_collage02_2

矩形選択のツールバーオプションで、上記貼付図赤枠の「選択範囲に加える」にチェックを入れて、

B4:必要なブロック群を選択

Block_collage03

まず赤枠部分を矩形選択し、つぎに緑枠ブロックを選択加算。

B5:不要ブロックを削除

Block_collage004

手順B4で選択したブロックを反転させデリートすると必要なブロックだけ残ることになる。

B6:右下に上下左右反転させたブロック形に二枚目画像を配置する

Block_collage06_2

最初のグリッド設定では右下部分が正方形になっておらず、配置位置やサイズをピクセル数で計算する必要があり面倒。グリッドを右下基準に再設定する。添付図のオフセット数値を変更すればいい。

B7:二枚目の画像をレイヤーとして開く

Block_collage07

B8:反転形に整形配置

Block_collage007

B9:三枚目画像を開き整形配置

Block_collage08

手順B4・B5と同様に必要なブロックを残す。

Block_collage09

レイヤー位置を変更後に整形配置する方法も可。

B10:四枚目画像を開いて整形配置

Block_collage11

同様の手順で完成終了。

追記:他のコラージュ方法は以下の固定リンク参照

「GIMPで遊ぶ コラージュ(重ねあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(分割貼りあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(縁枠つき)編」

|

2013/01/10

GIMPで遊ぶ コラージュ(分割貼りあわせ)編

前回の「GIMPで遊ぶ コラージュ(重ねあわせ)編」よりも先に、今回の簡単な分割編の方を書くべきだったか?!という気がしないでもないが、とりあえずその続き。

Part_collage

コラージュ縦三分割貼りあわせ編。

A1:新しい画像を作成
前回と同じサイズで、888*600ピクセルサイズで背景レイヤーをつくる。

A2:グリッドを縦三分割

Part_collage01

グリッドのパラメータは横888ピクセル÷3=296*600

A3:グリッド表示。

Part_collage02

グリッド表示やスナップ機能にそれぞれチェックを入れておく。前回(コラージュ重ねあわせ編)の手順3~手順5を参照。

A4:最初の画像をレイヤーとして開く

Part_collage03

縦サイズを600ピクセルに指定すると、最初からトリミングしておかないかぎりは、撮影時サイズの比率で三分割の一ブロック幅296ピクセルより広くなり、そのはみ出た部分をカットすることになる。

A5:左ブロック内におさまるように画像をトリミング

Part_collage04_2

左ブロックを矩形選択し、その後選択範囲を反転させデリートすれば枠内の画像だけが残り、

A6:レイヤーをキャンバスに合わせる

Part_collage05

ツールバーのレイヤーのプルダウンメニューから「レイヤーをキャンバスに合わせる」をクリックすれば点線枠も消える。

A7:二枚目、三枚目の画像を同じ手順で画像処理

Part_collage06

Part_collage08

一枚目画像処理の手順を繰り返すだけで三枚おさまり問題ないはず。

追記:他のコラージュ方法は以下の固定リンク参照。

「GIMPで遊ぶ コラージュ(重ねあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(格子分割)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(縁枠つき)編」

|

2013/01/08

GIMPで遊ぶ コラージュ(重ねあわせ)編

GIMPを使った(重ねあわせ)コラージュ(年賀状)

Collage_luminarie

の制作手順や注意点などの備忘録。

1:新しい画像を作成。

Collage00

画像サイズはハガキ比率(横)の1.48:1で(縦書きだとこの数値の逆)画素数300dpiの1776:1200もあれば印刷結果は上等。その半数の888:600でも十分だし、手順の参考画像をアップするためや、GIMPの使い勝手も考えて今回はこの150dpiで。

2:メーン画像をレイヤーで開き、開いた画像のサイズを調整。

Collage01

メーンになる画像のサイズは手順1の新しい画像のキャンバスサイズより大きいものを使う。キャンバスの長短いずれかの辺に合わせて縮小。

3:メーン画像をキャンバスサイズに合わせる前の各種設定。グリッドの設定。

Collage02

4:グリッド設定の数値は適当。

Collage03

5:設定が終わればグリッドの表示。

Collage05

同時にガイドにスナップ・グリッドにスナップ・境界にスナップにもチェックを入れておく。このスナップ機能はとても使い勝手がいい。

6:メーン画像をキャンバスにおさめる。

Collage06

グリッドを表示させてメーン画像を(0.0)に合わせる。スナップ機能で問題はないが、ガイドの数値(GIMPメーンウインドウの左下の表示倍率を800%にして)で確認するといいかもしれぬ。

7:キャンバスの最大枠を矩形選択する。

Collage07

手順2で開いたメーン画像のサイズを900*600にサイズ縮小したので、キャンバスサイズの縦サイズとは合致しているが、横サイズ12*600分はみ出ている計算になる。

グリッドの最大枠(キャンバスサイズ)にあわせて矩形選択したあと、

8:レイヤーをキャンバスサイズに合わせる。

Collage09

ツールバーのレイヤーメニューを下りて、図のように「レイヤーをキャンバスサイズに合わせる」をクリックすると、手順7の緑枠部分、この手順8の点線枠が削除される。

9:画像の重ね合わせ開始。

Collage10

レイヤーとして開いた二枚目の画像を好みのサイズに縮小して好みの位置に置く。ここでは右上に(画像の境界にスナップ)そのまま配置。

10:三枚目画像を回転。

Collage12

手順9と同じように三枚目画像をレイヤーとして開き、今度は回転をかけたあと好みの位置まで移動配置。

11:移動配置図。

Collage13

手順9と10で移動配置。この三枚目画像は二枚目画像の下に置きたいという場合はレイヤー位置を変更する。

12:レイヤー位置の変更。

Collage14

13:四枚目を同様に開き、同様に配置。

Collage16

14:五枚目を開いてトリミング(仮配置)。

Collage17

同様に開いた五枚目画像を好みのサイズに縮小して好みの位置に配置をするのだが、トリミング結果によっては手順7のようにキャンバス外に出てしまう場合(上記画像の点線部分)もある。その場合は手順7と手順8と同様に、グリッドの最大枠(キャンバスサイズ)にあわせて矩形選択し、レイヤーをキャンバスサイズに合わせればよい。これでひとまず「重ねあわせコラージュ」の完成。

ここから先はコラージュ年賀状としての制作手順。

15:メーン画像の不透明度の調整。

Collage18

メーン画像のレイヤーをアクティブにしておいて、不透明度の調整。これは制作者の好みなので各自の感覚まかせとなるのだが、とりあえずテクニックの一つとしてメモ。

16:賀状の挨拶文を記入して完成。

Collage19

最終的には、jpegと後の変更可能性を考慮してGIMPファイルの二種保存しておくと無難だろう。

追記:他のコラージュ方法は以下の固定リンク参照。

「GIMPで遊ぶ コラージュ(分割貼りあわせ)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(格子分割)編」

「GIMPで遊ぶ コラージュ(縁枠つき)編」

|

2013/01/01

GIMPで遊ぶ 年賀状編 part3

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年も年賀状はもちろんGIMP使用。送り先やHP用ブログ用に(ジョークも含めて)何種類かつくっている。

2013nenga_timei_small

2013itosima_nenga

2013sairi_nenga_smalljpg

2013memorial_2

この四枚の賀状用の絵はすべて一昨年に購入した「デジカメ年賀状工房2012」というGIMP賀状ムックのデザインパターンを借用している。
このムック本、それこそ誰でも簡単にできる・・・みたいな感じで年賀状ソフト&素材本コーナーで売っていたのだが、個人的な感覚としては「GIMPテクニック習得本」として購入。前年は使わないまま、やっと一年遅れで有効活用となった。

2012d_kobo

添付図は上記ムック本のデザインパターンの中の一つで[****.xcf]のレイヤーの枚数。この一例からしても、「誰にでもすぐ出来る」ことは難しい気がする。レイヤーの意味概念から理解していかないと無理だろう!賀状作成どころじゃないだろう!という話。

ちなみに、前年度のGIMP年賀状制作編はこちら2009年度はこちら。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »