2018年5月21日 (月)

つば

未収録語シリーズ四百三。つば。
『あーた えらい つばいろん わるかが どげんしたつな あめでん ぬれたつな』
「あなたずいぶんと唇の色が悪いけどどうしたんだい。雨にでも濡れたのかい」

【つば】唇。唾色《つばいろ》で唇の色。もちろん唾《つば・つばき》の意味でも使います。九州独特の表現で「日葡辞書(九州方言→ポルトガル語対訳辞書:1603年刊)」にも「tçuba=唇・下(しも=九州)の語」と収録されとる古い方言。

関連した、なんかよか画像ば探したとですが、見つからんかったんで「こげな」とでご勘弁。お櫛田さんの唇ならぬ嘴写真。

Zyusyokinen12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

なんてろんかんてろん

未収録語シリーズ四百二。
『なんてろん かんてろん えのぐ まぜくりゃ よかちゅうもんじゃ なかろうが まちっと きれいか いろば だしてみんか』「なんでもかんでも絵の具を混ぜればいいというものじゃないだろう。もうすこしきれいな色をだしてみろよ」

【なんてろんかんてろん】なにもかも。なにやかや。あれもこれも。あれやこれや。二つの意味(すべてorひとつひとつ)が含まれとるごたりますね。自分は「なんてろかんてろ」も「なんてろんかんてろん」は両方とも使わんとです。「なんでんかんでん」派ですね。
「てろん」の「ろ」は「ろ?」という疑問や不明の「ろ」ですかね。「なんでんかんでん」と「ろ?」が+された変形のような気がしますが、曖昧。

色や絵の具については、こげなもんがあります。読むだけ見るだけでも面白かですよ。

Iroziten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

もりびい

未収録語シリーズ四百一。もりびい。
『うちん おなごしな みな こまかとっから うちいきて もりびいから はじめとると』「うちの女中さんたちは みんな小さなときから奉公に来て子守からはじめてるよ」

【もりびい】子守《こもり》娘のこと。「びい」の由来がはっきりせんとですが、いつもの「こじつけ」してみると、守卑?守姫?。
「もりびい」は博多だけの言い回しかと思うとりましたら、志摩町史にも「子守はモーリビーサンという」という一節もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

くっぞこ

博多の食いもんシリーズその七十二。くっぞこ。
『くっぞこな にもんやら むにえるが ふつうばってん あたらしかの うりよったら さしみい してもろーてんない えらい うまかけん』「ウシノシタは煮物やムニエルが普通だけど、新しいのが売っていたら刺身にしてもらうといいよ。とてもおいしいから」

【くっぞこ(靴底)】ウシノシタ。舌平目の一種。舌からの連想からか、口底《くちぞこ》とも呼ばれとるようですね。釣り好き(自分もですが)は口の悪いやつが多くて、「草履《ぞうり》やら「足の裏」やら言うとも居ります。

Kuzzoko

はじめて自分で捌いてみましたら、(物の本には皮むきは簡単てあったとですが)意外と剥けんで身崩れさせて往生しました。次回また挑戦してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

ちゃんぽん

未収録語シリーズ四百。ちゃんぽん。
『かさ さしたまんま かいだん とびおりたら ちゃんぽん なってしもうた』「傘をさしたまんま階段を飛び降りたら裏返しになってしまったよ」

【ちゃんぽん】傘が風などに煽られて裏返し裏向きに開いた状態。先に図を見てもろーたほうが意味の通じるっちゃなかですかね。

Cyanpon01

で、このことはこの「へっぱくBLOG」でも「単純明解博多弁事典」でも何度か書いてきとったとですが、この「ちゃんぽん」がなんで傘の裏返しを意味するとか、その言葉の由来や語源をどうも勘違いしとったごたーもんやけん、もっぺん書き直しよります。

その由来を「ちゃんぽん(話・麺)=混ぜこぜ・ごちゃまぜ・逆さま・あべこべ」あたりから来たと思い込んどったとですが、これはどうも「そのものずばり」の「ビードロ(ちゃんぽん)やビードロを吹く姿形」から来たと考える方が正解やなかかと気づいたとです。こげな姿形からですね。

Champon01_2

さてこの新説・・・どげんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

すーどん

博多の食いもんシリーズその七十一。すーどん。
『えいちゃんうろんでくさ なしてか てんぷらの なかやら いうけん しょうことなしー すーろん くーてった』「英ちゃんうどんでね、なぜか丸天がないというから、仕方なしに素うどんを食べてきたよ」

【すーろん】素うどん(なにも具がない・トッピングされていない)。関西以西の(正確には方言でしょうが)標準語ともいえるもんで、関東でのかけうどんのこと。
【英ちゃんうどん】因幡うどんと並ぶうどんの名店。昭和4~50年代によく通ーたです。
【てんぷら】丸天(丸いさつま揚げ)のこと。「えび天」は姿海老でなく小海老のかき揚げ。ごぼう天も当時はスライス揚げでなく「かき揚げ」。

で、ふと思うたとですが、素うどんはあっても素蕎麦ちゃ言わんごたりますね。なしやろか。それと素麺《そうめん》の具のないとも素素麺《すそうめん》ちゃ言わんですね。なしやろか・・・ははは。ぞうたんそうたん。

写真は素素麺ならぬ、牡蠣おろし大根ネギいっぱい素麺。

Kaki_orosidaiko_somen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

そこまめ

博多の食いもんシリーズその七十。そこまめ。
『たいじゅうへらそうて はりきって あゆみだしたたー よかばってん みっかで そこまめの でけて どんこんならん』「体重減らそうと張り切って歩きだしたのはいいけれど、三日で足の裏に肉刺(まめ)ができてどうしようもないよ」

【そこまめ】足の裏にできる肉刺《まめ》のこと。魚の目。落花生・南京豆のこと。
で、実は底豆が肉刺のことというとは実際に使ったりもしましたが、落花生南京豆も意味する方言・・・ていうとはまったく知らんやったです。

まぁどっちにしたっちゃ、足の底・地中(地底)に出来ることから来た言葉ていうとは間違いなかごたりますね。

それとこれは関係なか話ですが、落花生が中国から伝わったという説と、アメリカから来たという二つの説があるとですね。南京豆とピーナッツの違いて言うてみたりして・・・違かろたい。

写真の塩ピーは米国産て袋の底裏に書いちゃりました。やっぱしピーやけんやろね。ははは。

Sokomame01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

じゅるあめ

博多の食いもんシリーズその六十九。じゅるあめ。

『まごに いっぺん じゅるあめ なめさせとったら たいがい おいしかったっちゃろ しっかり おぼえとって つぎきたときから やっさい ねだると』「孫にいちど水飴なめさせてたらずいぶんとおいしかったんだろう。しっかり覚えていて次に来たときからしきりにねだるんだよ」

そりゃあの甘さですもんね。おいしかはずです。まぁ素性の知れん最近のお菓子よか自然食品やけん歯磨きさえすりゃ、孫たちに舐めさせても害はなかでしょう。で、じゅるあめ。

【じゅるあめ】水飴のこと。地域や人によっては「じりあめ」「じるあめ」とも言いよったごたります。語源は「汁い《じるい》=水っぽい・ぬかるむ」で問題なかとやないでしょうか。

例文は自分とこでの実話。料理用にいつも大瓶を置いとるとです。

Zyuruame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

やまかわじん

未収録語シリーズ三百九十九。やまかわじん。
『あんやつな うえならした みぎならひだり なんちゃいうと はんたいぐっちょの やまかわじんばい』「あいつは上なら下、右なら左。なにかというと、反対ばかりの変わり者だよ」

【やまかわじん:山川人】山といや川という人。文字通りで反対ばかりする人のこと。前々々回の「がち」が擬人化されたごたる表現ですたいね。また前回の「げってん」にも意味が似とります。

ただこの方言は自分は使うとですが、文献的には「筑後方言辞典(松田康夫:久留米郷土研究会」に収録されとるだけで、手持ちのどの博多弁資料にもなかとですよね。誰か筑後(ちっご)のもんから影響受けたとも考えられんけん、ちっと不思議な気がしとります。

写真は山川みかん・・・ではなく糸島産のだいだい。

Daidaisu01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

げってん

未収録語シリーズ三百九十八。げってん。
『おれも たいがい げってんもんて いわるーばってん あいつにゃ げってんまけ するばい』「俺もしょっちゅう偏屈者と言われるけれど、あいつには偏屈負けするよ」

・・・と偏屈同士が偏屈自慢しております。さて、げってん。

【げってん】偏屈《へんくつ》、変わり者。頑固で片意地なこと。言葉の由来は二つほど考えられるようです。
1:邪道で風変わりな者(物)という意味の下手物《げてもの》。
2:仏教の経典や書以外を「外道《げどう》の書=外典《げてん》」という(日本歴史大事典:小学館)ごたります。

写真は面白半分で篠栗新四国八十八箇所を歩き回ったときに集めた外典・・・ならぬ朱印集。

Gosyuincyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«おいお